相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

遺言の書き方

遺言の書き方

遺言書は被相続人の意思表示を明らかにする意味でも、また、法定相続人同士の相続争いを防ぐ意味でも、生前に書き残しておくことが重要です。

しかし、遺言書の書き方やその内容によりその法的効力の有無が左右されることを御存じの方は、多くはないのでしょうか?法的効力を持つ遺言書の書き方は民法で規定されています。

この規定に従ってかかれていない遺言書は法的な効力を失い、被相続人の意思表示も実行に移せなくなる訳です。

まず、遺言書を書いた人がその能力を持っているかどうかです。

遺言能力を持たない物が書いた遺言書は法的に認められません。

そこに該当するのは、満15歳未満の未成年者や精神障害者、代理人などです。

そして遺言書内で指定する相続関連事項です。

民法では相続に関して指定できる事項を定めている為、指定事項以外の内容を書いてもそれは法的効力はありません。

指定できる内容としては、遺言執行者の指定、財産相続の分配方法、胎児の認知や未成年者の後見人指定など身分上の事柄、また相続人の排除もできます。

指定できない事項としては、相続人に関する生活や養子縁組に関する事柄、また遺体解剖や臓器提供に関する事柄です。

また、遺言書には普通方式と特別方式の2形式に分けられ、一般的に使われる普通形式もその書き方で3種類に分けられます。

各種類により検認手続きや証人が必要となります。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料相談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続があまりに大変ということで依頼しました。スムーズに事が運び、兄妹とも喜んでいます。また勤務している新橋にも近く、夜まで受付けているので時間ムダに使わないですみました。

(1)こちらの疑問に対して何度でも丁寧な説明や適切かつ迅速な対応があり、ありがたかったです。相続は何度も経験することではなく、積極的に関わりたいと思い、たくさん質問しましたが、心良く付き合ってくださいました。 (2)マンション2室の土地評価と預金移動 […]

自分ではこの位で良いと思った以上に、つっこんで確認し、手続きを進めていただいた。

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る