相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

遺言の書き方

遺言の書き方

遺言書は被相続人の意思表示を明らかにする意味でも、また、法定相続人同士の相続争いを防ぐ意味でも、生前に書き残しておくことが重要です。

しかし、遺言書の書き方やその内容によりその法的効力の有無が左右されることを御存じの方は、多くはないのでしょうか?法的効力を持つ遺言書の書き方は民法で規定されています。

この規定に従ってかかれていない遺言書は法的な効力を失い、被相続人の意思表示も実行に移せなくなる訳です。

まず、遺言書を書いた人がその能力を持っているかどうかです。

遺言能力を持たない物が書いた遺言書は法的に認められません。

そこに該当するのは、満15歳未満の未成年者や精神障害者、代理人などです。

そして遺言書内で指定する相続関連事項です。

民法では相続に関して指定できる事項を定めている為、指定事項以外の内容を書いてもそれは法的効力はありません。

指定できる内容としては、遺言執行者の指定、財産相続の分配方法、胎児の認知や未成年者の後見人指定など身分上の事柄、また相続人の排除もできます。

指定できない事項としては、相続人に関する生活や養子縁組に関する事柄、また遺体解剖や臓器提供に関する事柄です。

また、遺言書には普通方式と特別方式の2形式に分けられ、一般的に使われる普通形式もその書き方で3種類に分けられます。

各種類により検認手続きや証人が必要となります。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る