相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

遺産の相続登記は義務か?

遺産の相続登記は義務か?

遺産相続で土地や建物などいわゆる不動産を相続した場合に、相続登記の手続きをする必要があります。

しかし、この相続登記は法務局より義務付けられてるわけではありません。

不動産相続をした相続人が相続登記をせず、そのままにしておいても法に罰せられることはないのです。

しかし、なぜ不動産相続が発生した場合の相続登記手続きを必要だと謳うかと言うのにも、その理由があります。

その理由の一つとして、まず不動産を相続した相続人が相続手続き後にその不動産を売却したりしたい場合、相続登記を行っていなければ所有者が相続人と証明できませんから処理は不可能です。

☑相続登記・相続不動産売却を合わせてご検討したい方はこちら▶

処理をしようと思った時に相続登記をしても良いのですが、相続人間の関係が良いままとは限りませんし、共同相続人の中で高齢者がいる場合などは痴呆症などで法定代理人を必要とする場合などその申請の為の書類手続きが非常に複雑になります。

もしくは、書類が揃えられず相続登記ができないかもしれません。

もっとも悪い状況として挙げられるのは、相続人の内の一人がその不動産に対して、共同相続人とする相続登記をしており一部を処分してしまったなどということも考えうる訳です。

相続人はその所有権を確固たるものにする為にも、不動産を相続した際には速やかに相続登記をする必要があると言えるでしょう。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

今回の相続税申告につきましては、大変お世話になりました。 いろいろと学ばせていただくことが多く、今後の相続においても活かせる点が多くありました。 本当にありがとうございました。

相続税の申告期限が迫り、慌てて■■へ駆け込みました。そこで相続税の対策に詳しいと貴社を紹介して頂きました。 直接お会いしたのは2回程。後は書類の郵送と電話でのやりとりだけでした。 担当の方の親切丁寧な対応と、仕上がりの書類に大変満足しております。 本 […]

質問事項等にわかりやすく答えていただきました。 また、対応も非常に丁寧でした。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る