相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

ペットの世話と遺贈

ペットの世話と遺贈

ペットの世話と遺贈

飼い主にはペットに対する権利義務があります。
自分の死亡後の後見人を選択し条件付き契約や、死因贈与契約を結び、人の親には親権があり、監護義務があるように飼い主にもそれなりの権利義務がありますから、飼い主の方は信頼できるペットの後見人を選択し条件付き契約をしたり、死因贈与契約を結んでおいたり、もしくは負担付遺贈をするため遺言書を作成しおいたりする必要があります。

ペットに直接遺贈はNG!推定相続人にお願いをする

ペットの世話を推定相続人にお願いするときは、財産を多めに相続させる代わりにペットを飼養するように遺言します。

相続人以外の人に託す時も、財産を贈与する代わりにペットの世話をするように遺言することができます。

この場合、相続人は負担付相続や負担付遺贈による利益を受け取るか、放棄するかを選ぶことができます。

しかし、相続人が放棄を選んだ場合、本来の目的であるペットの世話を託すということが達成されなくなる可能性もあるので、この時に遺言目的の執行を確実にするために、遺言執行者を指定して遺言書の中に書き記しておくことができます。

この遺言執行者は条件付きや負担付で相続を受けたにも関わらず、相続人が義務を果たしていない場合に、それを果たすよう促したり、裁判所に遺贈の取り消しを申し立てをしたりする権利を有します。

相続・各種手続き、お困りごとなど「相続」に関するご相談ならお任せください!【TEL】0120-992-430(平日9:00~18:00、土曜9:00~17:00)

※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税申告、お見積り・面談予約。「相続税申告」に関することはお任せください!【TEL】0120-888-145(平日9:00~20:00、土曜9:00~17:00)

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

上記評価は税務調査が入らず、追徴課税が発生しないことが大前提です。

大変しっかりとした説明で手続きを進めていただきました。 若い税理士さんでも、会社内で情報を共有しながら、しっかり真摯に対応してくださる感じで不安はありませんでした。 大変感謝しています。

今回姉の相続税発生で困り果て、■■の担当者に相談して紹介頂いたのが、チェスター様でした。 ネットで自ら調べているときもチェスター様がとてもわかりやすく、今回偶然ではありますが、 信頼できる会社にお任せでき大変良かったと思っています。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る