相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

相当の地代と貸宅地評価

相当の地代と貸宅地評価

こちらでは、賃宅地の評価の際、その賃宅地が相当の地代を支払われているものである場合にどのように評価されるかについてご紹介します。

借地権を設定する際に、その借地権の対価として取引上において通常権利金などの一時金を支払うという慣例のある地域ではその権利金の代わりに、相当の地代を支払うというケースがあります。

相当の地代を支払う場合には、借地権の設定がなかったと見なされますが、相当の地代を設定した後も常に地価は変動していきますので、実際に評価を行う際には、その時点での相当の地代と実際に収受している地代が異なっている場合があります。

そこで、貸宅地及び借地権の価額は、相続開始時、贈与時又は地価税の課税時期に、実際に支払われている地代が相当の地代であるかどうかによって、評価額の算出方法が異なってきます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

平根慶幸先生が直接説明して下さり、自らが直接担当、業務を行って下さいました。 そういった点で窓口が1本となり、相談及び回答もスピーディで且つわかりやすい説明で、 大変嬉しく思い、手続きを進めさせて頂きました。 体調が思わしくない時も、嫌な顔もせず、素 […]

対応もよく、実務を担当していただいた方の対応もすばらしかった。

最後まで、何も心配する事もなく、お願いする事ができました。 心から感謝しております。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る