相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で5万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

遺族補償給付の労災について

遺族補償給付の労災について

労働者が業務上の原因で死亡した際に支給されるのが遺族補償給付です。

通勤上で死亡した場合は、それを遺族給付と呼びます。遺族補償給付は遺族補償年金と遺族補償一時金に分かれ、この他に葬祭を行う者に対して葬祭料が支給されることになります。

遺族年金や、遺族一時金と違い労災での本人の死亡に対する遺族への給付金の為補償と言う言葉がついているのです。

遺族補償年金の受給資格者は、労働者が死亡した際にその者のによって生計を立てていたものもしくは、労働者の一部の収入によって生計を立てていたもので、労働者の配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹が受給資格者になることができます。受給資格者にはその優先順位が定められており、最上順位の物に支給されます。

遺族補償年金は所轄の労働基準監督署長に遺族が提出することで給付を受けることができ、この給付請求は労働者が死亡した日の翌日から5年経過すると時効として請求の権利がなくなりますので、注意してください。

遺族補償一時金は、遺族補償年金の受給資格を持つ者がいない場合に支給されるもので、配偶者や労働者死亡当時にそれにより生計を立てていた子、父母、孫、兄弟姉妹、また当時労働者の収入により生計を立てていない同身分の者などに支給されます。

一時金の額は給付基礎日額の1000日分が給付されます。

専門相談員が無料でお話を伺います
相続手続き 遺言書作成 ならおまかせ!
「相続」 に関する 無料相談 受付中!
専門相談員が無料でお話を伺います
0120-992-430
受付時間 – 平日 9:00 – 18:00 / 土日祝 9:00 –17:00
※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

初めての事で期間もないなかで、色々なアドバイス・書類製作をして頂きとても心強く、ありがとうございました。 安心してお任せする事ができました。感謝いたします。

相続税申告手続きは当初、自分で行うことも考えていましたが、やはりお願いして正解でした。 気になっていた土地の評価方法、特に小規模宅地の特例の適用範囲についても親身に相談に乗って頂き、迅速に手続きを進めて頂き、感謝しています。 申告書類一式の整え方もさ […]

・判らない事にていねいに教えて頂いた。 ・調べて欲しい事にタイムリーにやってくれた。 ・節税出来た。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国7拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る