相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

遺族補償給付の労災について

遺族補償給付の労災について

労働者が業務上の原因で死亡した際に支給されるのが遺族補償給付です。

通勤上で死亡した場合は、それを遺族給付と呼びます。遺族補償給付は遺族補償年金と遺族補償一時金に分かれ、この他に葬祭を行う者に対して葬祭料が支給されることになります。

遺族年金や、遺族一時金と違い労災での本人の死亡に対する遺族への給付金の為補償と言う言葉がついているのです。

遺族補償年金の受給資格者は、労働者が死亡した際にその者のによって生計を立てていたものもしくは、労働者の一部の収入によって生計を立てていたもので、労働者の配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹が受給資格者になることができます。受給資格者にはその優先順位が定められており、最上順位の物に支給されます。

遺族補償年金は所轄の労働基準監督署長に遺族が提出することで給付を受けることができ、この給付請求は労働者が死亡した日の翌日から5年経過すると時効として請求の権利がなくなりますので、注意してください。

遺族補償一時金は、遺族補償年金の受給資格を持つ者がいない場合に支給されるもので、配偶者や労働者死亡当時にそれにより生計を立てていた子、父母、孫、兄弟姉妹、また当時労働者の収入により生計を立てていない同身分の者などに支給されます。

一時金の額は給付基礎日額の1000日分が給付されます。

相続・各種手続き、お困りごとなど「相続」に関するご相談ならお任せください!【TEL】0120-992-430(平日9:00~18:00、土曜9:00~17:00)

※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税申告、お見積り・面談予約。「相続税申告」に関することはお任せください!【TEL】0120-888-145(平日9:00~20:00、土曜9:00~17:00)

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

姉妹相続という案件に加え、複雑な親世代の土地問題もかかえていたので、困っていましたが、 丁寧な調査と説明をしていただき、助かりました。

税金の事に関しては、何も分からなかった私たちに対してていねいに、且つ速やかに対応してくださり、感謝して居ります。有難う御座居ました。

お世話になりありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る