相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

遺言書を破棄し遺産分割協議を行う方法

遺言書を破棄し遺産分割協議を行う方法

遺言書を破棄し遺産分割協議を行うことは可能です。

相続人に値するすべての方の同意が必要になります。

遺言書と異なる遺産分割は慎重に行っていきます。

多くの財産を残している方は、各相続人への分配を行う際にも十分に配慮していきます。

基本的に遺書があればそれに従って相続を行っていきますが、そうでない時には遺産分割協議を行って各相続人への遺産分割協議を行っていくことになります。

遺言書を破棄したときは、その破棄した部分については、遺言を撤回したものとみなされます。

遺言書の相続に関する被相続人の遺言書を偽造した時

遺言書の相続に関する被相続人の遺言書を偽造した時や、遺言書を変造したり、許可なく破棄した時、又は隠匿した者に関しては相続の欠格として相続人の権利を失うことになります。

また相続に関して大きな偽りがある方は他の相続人に裁判を起こされるような自体も発生していますので、正しい、又はミスのない相続を行っていくことが大前提です。

初めての方には分かりづらいことも多く含まれていますので、専門的な知識のあるアドバーザーの解決が望ましいです。

基本的に遺言書がある時には遺産の分割はその遺言書に従って行われることになりますので注意ください、この時には遺産分割協議は必要ありません。

遺書の内容がすべての相続を左右することになり故人の意思を尊重することになります。

そのため相続に関して遺書が発見されたときには、その遺書に従って相続を行っていきますので大きな効力を持っています。

自筆証書遺言や秘密証書遺言

例外として自筆証書遺言や秘密証書遺言の場合には、相続人が自ら遺言書を破って、抹消することで遺書の効力を抹消することも可能で、遺産分割協議を再度、再開することも可能になります。

この際には相続人の方全員が合意する必要がありますので、若干時間や手間が考えられます。

専門的な知識のあるアドバイスとともに解決することによって早期の解決を行うことが可能になります。

相続人の方がどのようなものを相続していくことが出来るのかを十分に把握しておけば相続の際にもトラブルがなく相続を行う事が可能です。

被相続人の意思表示である、遺言書の有無を必ず確認してから相続の手続きが必要です。

相続遺産には、不動産や預貯金の他、借金などの負債も含まれます。

また相続する際のマイナスの財産も存在します。

つぶれかかった事業を相続することなども後にマイナスの財産になることもあります。

遺書があっても遺書の内容をよく確認しておく必要があり、もしマイナスの財産がある時には、拒否をすることも可能です。

遺産分割協議で話し合いがまとまらない場合は、家庭裁判所による遺産分割調停になります。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

無料特典

ページトップへ戻る