相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

測量図の取得方法

測量図の取得方法

測量図の取得方法として測量図は作成された年代によって、その正確さには大きな隔たりがあります、取り扱いにはある程度の知識と経験が必要とされます。

公図=所在・地番を記入して閲覧が可能です。

また写しの交付を申請することもできます。

誰でも入手可能です。

閲覧も写しの交付も500円です。

基本的な使用で地積測量図とは、一筆又は数筆の土地の地積を法的に確定した図面であり、土地の分筆登記や地積更正登記等の際に提出するものになります。

法務局には代表的な図面として公図、地積測量図、建物図面を取得することが出来るようになります。

基本的にこのようなデータ地積測量図は、登記簿の附属書類として公開されることになっています。

登記閲覧用紙に閲覧したい住所や枚数を記入して申請すると数分で、公図のコピーを取得することも可能になります。

不動産の売却・買取・販売のお手伝いをする中で法務局に赴き測量図を取得の際には、実際に測った面積を確認する必要があります。

近年の測量であれば、電子機器を利用して一定の測量方法に従って測量を行います。

しっかりと土地の価値や広さを正しく表記する書類になりますので、非常に大切な書類といえます。

相続手続きの進行

まずは遺言書の有無をしっかり確認しましょう。

遺言書があればそれに従っての相続を行いますので大変重要なものになります。

遺言書の内容を十分に確認して相続を行っていくことが求められます。

遺産整理の手続きを行うには相続人がしっかり事前に話し合いを持ってすべての相続人が納得した状態でないとトラブルになる可能性などもありますので、しっかり考慮してお互いを尊重した遺産整理の手続きを行っていくことをおススメします。

マイナスの相続

相続の手続きにはマイナスの相続などの可能性もあります。

キャッシング、銀行のローン、カードローン、各種のローン、未払いの税金や未払いの家賃、地代未払いの医療費なども含まれますので、早期のうちにどのくらいの予算になっているのかを確認する必要があります。

またすべての相続人の方が十分に自分たちで解決を出来るように財産の価値を確認していくことが大切です。

後にトラブルにならないように慎重に手続きを行っていくことが求められます。

また、相続人がいない場合には最終的に遺産が国庫に帰属することになり、国の所有物になります。

また相続の手続きを完了するにはそれなりの時間もかかります。

遺言書がある時には遺言書に従っての相続を行いますので遺言書の有無をはじめに確認しましょう。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

担当の方が毎回わかりやすく丁寧にお話しくださるので安心しておまかせ出来ました。 ありがとうございました。

真摯にご対応いただいたので、安心してお願いできました。

法定相続人の中に、後見人をつけなければならない者がおり、 申告期限までの時間的余裕があまりありませんでした。 その様な状況下で、期限に間に合う様に早急かつ丁寧にご対応下さいました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る