相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

不動産の登記簿謄本の取得方法

不動産の登記簿謄本の取得方法

不動産の登記簿謄本の取得方法

不動産の登記簿謄本の取得方法としてまず、不動産は、その所有者等の情報が、法務局に登記されていますので、具体的には、土地・建物ごとに1つの登記記録を作成する必要があります。

法務局は証明書を交付しますが、これを不動産登記簿謄本と呼びます。

相続遺産には、不動産や預貯金の他、借金などの負債も含まれます。

土地であれば所在・地番・地目・地積が、建物であれば所在・家屋番号・種類・構造・床面積・建築年月日が記載されることになります。

所有者等の権利関係を記載した箇所もありますので、よく確認しましょう。

所有不動産の登記簿謄本を取引先から交付することも可能です。

法務局に申請

登記簿謄本は、基本的に当該不動産を管轄する法務局に申請書を提出することになります。

書類はネットが繋がっていればダウンロードして取得をすることが可能になり、郵送で申請を行うことも可能になります。

ネットを使用することで、費用は窓口よりも安くなります。

窓口での料金は1000円ですがネットでの手続きには700円で手続きを行うことが可能になります。

特にネットで書類を取得する方は昼間の間に時間が取れない方などを上げることが出来ます。

相続の際には戸籍謄本などを市役所や区役所などの町役場で集めます。

相続人が誰になるのか、また何人の相続人がいるのかを確認する必要がありますので、十分に手続きの内容や相続に関しての知識がある専門家との解決が求められます。

遺産の確定

遺産の確定を行うには相続の対象になるものには大きく分類することが可能になります。

被相続人が所有していた物がすべて遺産として相続人に受け継がれます。

土地、家、有価証券、銀行の貯蓄、自動車、会社、権利、その他の所有物などを上げることが出来ますが、相続をする際にはプラスの相続、マイナスの相続をしっかり考慮していくことが求められます。

この時にマイナスの遺産がある方は3ヶ月以内に相続の放棄を行うことが可能になります。

相続の放棄を行うには自分でどのくらいのマイナスの遺産が存在するのかを確認することが求められます。

相続人や遺産の調査、確定が完了したときに、相続人全員で遺産をどのように分けていくのかを協議することで後のトラブルなどにならないように相続を完了することが出来ます。

家族間で納得の不動産の名義変更を行う、次世代の名義人に分割を行っていく際にも不動産の調査から申請を行っていきますので、十分に確認事項を怠らずに手続きを行っていくことが求められます。

 

相続専門税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る