相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

住宅地図の取得方法

住宅地図の取得方法

住宅地図の取得方法

住宅地図は地形図や道路地図などと区別するために地形図などを元に、現地確認調査などを元に集合住宅内の戸別名やビルの名前、建物の形状、家の形などを鮮明に表した地図になります。

または案内図とは25,000分の1の地図と住宅地図からなっています。

25,000分の1の地図は1枚ごとに買えます。

この地図を発行しているメーカーはゼンリンのみになり、全国のほとんどの地図において1−2年周期での住宅地図を定期的に発行しています。

商業上の理由と個人情報保護の観点からインターネットなどでは表示されません。

図書館にての観覧やコピー

東京では国立国会図書館に行くことが可能であれば全国の住宅地図を確認することが出来ます。

その他の市の図書館や、公共の図書館で確認をすることが出来るようになります。

基本的にはあまり公表されるデータではないのでゼンリンへの問い合わせを行うことをおススメします。

ゼンリンのデータを利用しゼンリンのデータを確認することが出来、法人向けの有料サービスがあるようです。

契約すると携帯電話等での検索サービスなどを利用することも可能になりますので、サイト上にて確認を行うことが可能になります。

相続手続きから遺産整理手続きの際に必要になる際には相続手続きから遺産整理手続き、遺産分割ということでステップを踏んでいきます。

遺産分割協議の手続き

遺産整理の手続きを行うには相続人がしっかり事前に話し合いを持ってすべての相続人が納得した状態でないとトラブルになる可能性などもありますので、慎重に手続きを進めていくことをおススメします。

遺産相続を行うには遺産分割協議書の作成方法を十分に確認しておかないと、後のトラブルにもなりかねません。

種類として遺産分割には、現物分割、代償分割、換価分割を行うことが可能になります。

自分にあった相続を選択して慎重に相続を行っていきましょう。

被相続人の現住所、又は住所を確認する際に地図を利用することもあります。

そのため十分に相続の手続きを行うことが求められます。

自分で相続が可能なものを確認、また被相続人の残したものについてみなでよく協議を行いましょう。

相続に関しての知識がない方は慎重に手続きを行っていくことが求められます。

この時に相続人以外の方や特別代理人などによる手続きにも裁判所の許可などが必要になりますので、遺産分割協議に関して十分に知識を養って相続を行うことをおススメします。

相続について初めての方は自分なりに研究して解決をすることをおススメします。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

淡々とシンプルに作業を進めて頂きました。

とても親切にして頂き感謝しております。

相続税申告は初めて、税理士の先生とのおつきあいも初めてでしたので、分からないことばかりで不安でしたが、期限内に納得できる形で遺産分割を行い、申告できましたので満足しております。 他の税理士の方を知らないので比較できませんが、引き続き別件で土地の評価を […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る