相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

過去の路線価図の閲覧方法

過去の路線価図の閲覧方法

過去の路線価図の閲覧方法として基本的には国税庁のサイト上で住所や郵便番号を入力するだけで観覧することが可能です。

しかし古い資料などになりますとサイト上で情報を公開していないケースもあります。

そのため過去の路線価図の閲覧を行うには各都道府県の公立図書館で資料を参考にして観覧することをおススメします。

公立図書館などによって10年分の情報、20年分の情報が残っているところなど様々です。

地方自治体によってデータの管理状態が違いますので、管轄の国税局・税務署に電話で確認しておくことをおススメします。

以前は路線価図を閲覧したければ直接税務署に行き、調査を行っていましたが情報がデジタル化して管理されてくるようになり新しいデータは国税庁のサイト上で確認を行うことが可能になりますデータの関しての疑問や質問も国税庁へ電話で確認を行うことをおススメします。

基本的には自分で調査を行うことが簡単に出来るようになりましたので、サイト上で観覧の仕方が理解できればスムーズに確認することが出来ます。

地価を確認できる資料

路線価図は地価と変動率を確認することが可能です。

国税庁の「財産評価基準書」PDFで閲覧することが可能になります。

また固定資産税、路線価図に関しての情報についてのお知らせなども各、市の役員が管理していて、役所に問い合わせをすることで観覧の仕方や疑問を解決することも出来ます。

土地の売買や譲渡の際には必ず必要になるデータです。

また上記のように固定資産税を知るにもこのように資料を十分に確認していくことが必要です。

相続の際には過去の路線価図が必要

相続では亡くなった方が昭和初期の生まれの方などで、過去の路線価図の情報が必要になる事などがあります。

そのため十分な調査を行うには図書館などで確認を行うことが求められます。

今の土地の値段と、昔の土地の値段を比較、評価する事があります。

また相続の際にはすべての相続人の方が相続できる財産の評価を行うことも大切です。

相続できる財産には会社の権利や、銀行からの負債なども含まれますので、被相続人に関してのしっかりとした調査を行います。

不動産、車、貴金属なども相続の財産として含まれますので、調査を行う際には細かく調べます。

投資を行っていた方は証券会社に問い合わせを行い取引内容の明細や残高照会を行うことが求められます。

このように十分に納得が出来る相続を行っていくことが出来るように不動産に関しての調査も綿密に行っていきます。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料面談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る