相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

不動産の時価を調べる方法

不動産の時価を調べる方法

原則的な時価算定以外の算定方法にも条件があります。

各状況に合わせて契約により取り決められた一定の売却予定価格が存在するときにはこれを時価と決めます。

又は取得価格が適切でこの価格が長期間の間に変動していない時にこれを時価と認めるものや、原則的な時価算定を行ってから長期間経過してない状態で一定の評価額や指標等に重要な変動が生じていない場合にはこれを時価とします。

市町村役場で不動産の建物の固定資産税評価額や国税庁が公表している路線価などをインターネットにて入手することが出来ます。

不動産販売業者や仲介業者などを介入して調査を行うことが出来ます。

基本的に古い路線価に関しての資料は各、地方の図書館などで保管されています。

不動産の時価が分かれば相続の際にも非常にスムーズに取引を行っていくことが可能になります。

不動産の価値

相続の際には本人が他の相続人と遺産分割協議を行って円満に相続を分割することが求められます。

そのため十分に自分が不動産の価値を知っておくことで相続の際に各相続人で財産を分けやすいこともメリットです。

相続の際には他の相続人と調停などにならないように話し合いを重ねていきますが、相続の際にトラブルになるようであれば、専門家に相談することをおススメします。

早期の解決を行うためにそれなりに専門的な知識を要している専門化との解決をおススメします。

相続人の調査から、相続できる物品の査定、又は相続方法によって進行する手続きが変更しますし、そろえるべき書類も異なってきますので、初めてで分からないことが多い方は、相談して早期の解決を行えます。

不動産の価値は変動します

不動産の価値はその時期によって変動します。

そのため十分に自分で値段を理解しておくことが求められます。

特に売買の際には昔買った値段と現在の価値が大きく変動することがあります。

不動産の値段については不動産に詳しい専門家や、税理士に相談することをおススメします。

不動産の連帯保証人になっている時には注意しましょう。

未払いの税金や未払いの家賃、地代未払いの医療費なども含まれますので、早期のうちにどのくらいの予算になっているのかを確認する必要があります。

十分に故人について詳しい方が代表者になって率先できると早期の解決を行うことが可能になります。

不動産の相続を行うにあたり遺書がある時には遺書に従って解決していきます。

遺書の書き方や公正証書などを作成して相続を行うことが可能です。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

無料特典

ページトップへ戻る