相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

借入金がある場合の相続手続き

借入金がある場合の相続手続き

借入金がある場合の相続手続きとして被相続人がどのくらいのマイナス財産(借金)があったのかを調査することが大前提です。

まず銀行やカードローン、キャッシング、フリーローンなどの確認を行うことが大前提でカード会社に故人(被相続人)が亡くなったことを連絡する必要があります。

被相続人の方であれば続柄の証明を行うことで残高や借入金額を教えてくれます。マイナス遺産も相続を行うことが可能ですが、相続放棄を行うことも可能です。これは相続人の方が選択することで、プラスの相続とマイナスの相続を合算して問題ない状況であれば相続をそのまま行うことが可能になります。

そうでない時には自分が相続を行う際にはしっかりとした調査を行い、どのくらいの債務があったのかを十分に確認した上で相続を行いましょう。

マイナス相続を避ける

基本的には相続を行う際には、税理士に相談し、相続税についてもしっかり把握しておく必要があります。特に土地や不動産を相続する時には固定資産税なども支払う義務が発生します。固定資産税は年に一度、不動産のオーナーが支払う義務があります。

そのため十分に支払いきれる相続を相続前に確認しておくことが必要です。そのため相続税などの計算も事前に行っておく必要があり、マイナス相続を事前に避けることも可能です。

カードローンやキャッシング、銀行の各種のローンや車のローン、住宅ローンについては各期間に連絡をし続柄の証明を行い残高や金額をする事が可能ですが、この際に相続人がマイナスの財産について知る必要があります。

財産の相続には自分で行うことが可能ですが、他の相続人がいる時には他の相続人との遺産分割協議にて手続きを行うことが可能です。

すべての相続人の承認があれば相続の分割を各相続人に分配をすることが可能ですが、相続人の中で意見の不一致がある際には遺産分割協議を完了することができません。

連帯保証人、借入金、未払い金なども含まれます

借入金、買掛金、未払金 、保証人など被相続人が生前に他の人の連帯保証人などになっている際にもこの条件を相続するかどうかを忌めて行くことが求められます。

そのため十分に自分で間違えのないように解決をしていくことが求められます。相続放棄の可能な期間として故人が亡くなった日から三ヶ月と決められています。

十分意自分で確認をして相続の放棄を行いたいときには専門家に相談することをおススメします。プラスの相続できる財産も十分に把握しておきましょう。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

最初の無料相談のときから、税理士さんが2名出席してもらえたのがよかったです。 他の事務所はあまり税理士さんは出て来ませんでした。あと資料も充実していました。

限られた期間内での相続税、自分では気付かないことだらけでしたが親切でていねいに対応して頂き助かりました。 また内容においても良心的で無駄がなくポイントをついたすばらしいものでした。やっぱりプロにお願いして良かったなあと思いました。 最後ファイルを頂い […]

貴社に依頼して本当に良かったと思っております。 安心して、おまかせ出来る事が1番ですので無事済んでホットして居ります。 徳永さんには良くやって頂きました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る