相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

土砂災害特別警戒区域における土地評価

土砂災害特別警戒区域における土地評価

日本の国土は美しい海や山に囲まれており、豊かな自然に囲まれています。

しかし、その反面、自然災害も頻繁に生じます。

特に土砂災害などは一度生じれば財産のみならず生命への危険も危ぶまれます。

そのため、土砂災害が生じるおそれがある区域については、行政法規によって土砂崩れなどによる生命・財産への危険が生じることを防止するための規制が設けられています。

土砂災害が生じるおそれがある土地については、いわゆる砂防三法(砂防法・地すべり等防止法・急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律)により、災害を未然に防ぐための工事が施工されます。

しかし、工事施工だけでは費用や工事の施工進捗状況などにより必ずしも迅速な対応を取ることができません。

土砂災害防止法の概要

そこで、平成13年より、土砂災害防止法(正式名称:土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律)が施工され、土砂災害の恐れがある区域を土砂災害特別警戒区域に指定し、避難体制の整備や特定開発行為を許可制とすることなどが可能となっています。

具体的には、土砂災害警戒区域(通称・イエローゾーン)、土砂災害特別警戒区域(通称・レッドゾーン)に分けてそれぞれ規制が行われています。

自然災害が増えている現在では、防災のための行政法規の重要性は高まっています。

土砂災害特別警戒区域内の土地の評価方法

では、このような規制が施されている土砂災害特別警戒区域について相続税の評価はどのようになっているのでしょうか。

このような区域は、標準の宅地に比べると、危険度や利用価値などからみてその価値は高いものとはいえません。

したがって、その格差率(補正率)を乗じることで評価額を求めることとしていますが、補正率については地域の実情を反映するために統一的な基準はなく、市町村ごとに定められています。

いずれにしても土砂災害特別警戒区域の価値は通常の宅地に比べて低く評価されることとなります。

土砂災害特別警戒区域においては、建築物の構造規制が行われることにも注意が必要となります。

建物を建築する場合に建築物の構造が土砂災害を防止・軽減するための基準に適合するかどうかについて、事前に確認を得なければならないこととなっています。

そのため、土砂災害特別警戒区域内の土地を売買する場合にも、買主に対して、行政上の規制についてしっかりと説明しないとトラブルが生じるおそれがありますので、このような点にも注意することが必要となります。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料面談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る