相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

婚姻取り消しと財産取得の関係

婚姻取り消しと財産取得の関係

日本では、婚姻を成立させるために必要な条件は3つあります。

(1)婚姻の意思を明確に持っている事

(2)婚姻障害事由(年齢が不適切である、重婚である、再婚期間中に結婚しようとする、近親婚にあたる、婚姻しようとするものが未成年者であり保護者の承諾がない、詐欺・脅迫による婚姻である)に当てはまらないという事

(3)婚姻の届出の形式をとっている

と言う条件をすべて満たしていれば婚姻と認められます。

そして、相続税法の中にはこの婚姻取り消しによって財産取得した場合、その財産にかかる相続税はどうなるのかという記述もあります。

具体的にはどのように定められているか、ここで紹介します。

婚姻を取り消した場合や、離婚によって財産分与をする際に取得した財産は、相続税や贈与税の対象にはならないというふうに定められているのですが、例外として、様々な事情からその離婚などを利用して納税義務を逃れようとしていると判断された場合、特別にその財産に相続税などが課税されることになります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

途中まで自分自身で相続申告を行おうと考えてたのですが、やはり難しい部分もあり、申告期限まで3ヶ月を切ってしまう時期に相続へ伺いました。 結果として個人で想定していた相続税よりも低く抑える様な提案をして頂き、相続して良かったと感じています。有難うござい […]

ご担当者魚住様の対応はとても良かったです。 とても安心してお任せできました。 感謝致します。

税理士先生プロ2名で対応にあたって下さったこと。 書面添付制度の説明を受けました。ペナルティを課してまでもプロとしての誇りとチェスター品質に感銘しております。 大変、お世話になりました。尾崎さんに宜しくお伝えくださいませ。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る