相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

同族会社の親族の範囲

同族会社の親族の範囲

相続時には、株式の評価としてその会社が同族会社に属するかどうか否かいう問題がでてきます。

それを判断する際には株主と同族関係にある個人や法人の所有する株式数の割合など加味されます。

このときの同族関係にある個人の区分として、親族や事実上婚姻関係ある人、また生計をともにしている人などが含まれています。

親族というと、通常は親戚や親類のことをいいますが、では、法的にはどこまでの範囲のことを指すのでしょうか。

親族の範囲については、民法第725条により、「1.六親等内の血族2.配偶者3.三親等内の姻族」と定められています。

血族とは一言で言えば血のつながったもの同士のことで、親子はもちろん、兄弟や姉妹のことをいいます。

民法上では、養子縁組した場合も血族とみなされます。

また、姻族というのは自分(夫)から見た場合の妻の親や、妻の兄弟姉妹、また自分の兄弟姉妹の妻など、配偶者の血族と、血族の配偶者のことを言います。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

無料特典

ページトップへ戻る