相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

同族会社の親族の範囲

同族会社の親族の範囲

相続時には、株式の評価としてその会社が同族会社に属するかどうか否かいう問題がでてきます。

それを判断する際には株主と同族関係にある個人や法人の所有する株式数の割合など加味されます。

このときの同族関係にある個人の区分として、親族や事実上婚姻関係ある人、また生計をともにしている人などが含まれています。

親族というと、通常は親戚や親類のことをいいますが、では、法的にはどこまでの範囲のことを指すのでしょうか。

親族の範囲については、民法第725条により、「1.六親等内の血族2.配偶者3.三親等内の姻族」と定められています。

血族とは一言で言えば血のつながったもの同士のことで、親子はもちろん、兄弟や姉妹のことをいいます。

民法上では、養子縁組した場合も血族とみなされます。

また、姻族というのは自分(夫)から見た場合の妻の親や、妻の兄弟姉妹、また自分の兄弟姉妹の妻など、配偶者の血族と、血族の配偶者のことを言います。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続について何もわからず不安な中、最後までわかりやすく丁寧で親切でした。 こちらが話をしやすいように対応していただいて、安心できましたし、心強かったです。ありがとうございました。

最初に説明いただいた手順、期間でとどこおりなく仕事していただきました。 司法書士さんからの土地の登記権利書も届き、6月13日無事終了しました。 ありがとうございました。

いろいろと細かく説明していただき満足しています。 何度も足を運んで下さり、女性の方ばかりでしたので、安心してお話が聞けました。 ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る