相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

胎児と共同相続人

胎児と共同相続人

相続税法において、未成年者でも相続人として見なされます。日本の法律においては、まだ生まれていない胎児も相続人として設定する事ができると定められています。

ただし、胎児はまだこの世に生まれていないため、相続をする事ができるかどうかはその胎児が生まれてくるまで分かりません。

胎児が無事に生まれてくれば、その相続は効力を持ちますし、もしも胎児が無事に生まれてくる事ができなかった場合、胎児は初めから存在しなかったことにされるので、もしもその胎児に他に共同相続人がいた場合は、胎児が生まれてきたかこなかったかでその共同相続人の相続分が変わってきます。

また、被相続人に他に子供がおらず、その被相続人が死亡した時点で胎児だけがその人物の子供であるという場合は、その胎児が無事に生まれてくればその胎児が優先的な相続人になり、もしもその胎児が生まれてくる事ができなければ、被相続人の兄弟などが相続人として認められることになります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

申告期限3ケ月少し前の依頼でしたが、迅速に対応して頂き大変助かりました。 又仮定の話としての土地・家屋の売却の相談にものって頂き大変こちらも参考になりました。 気付た点として、強いて言うと、作業工程(予定)、進捗状況について口頭では説明をして頂きまし […]

1回の相談で特に難しくなく、スムーズに手続きができました。 ありがとうございました。

細かい質問にも丁寧に返答頂け、書類の返信も速かったです。 メールや電話の折り返しが速く頂けたのは安心感につながりました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る