相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

胎児と共同相続人

胎児と共同相続人

相続税法において、未成年者でも相続人として見なされます。日本の法律においては、まだ生まれていない胎児も相続人として設定する事ができると定められています。

ただし、胎児はまだこの世に生まれていないため、相続をする事ができるかどうかはその胎児が生まれてくるまで分かりません。

胎児が無事に生まれてくれば、その相続は効力を持ちますし、もしも胎児が無事に生まれてくる事ができなかった場合、胎児は初めから存在しなかったことにされるので、もしもその胎児に他に共同相続人がいた場合は、胎児が生まれてきたかこなかったかでその共同相続人の相続分が変わってきます。

また、被相続人に他に子供がおらず、その被相続人が死亡した時点で胎児だけがその人物の子供であるという場合は、その胎児が無事に生まれてくればその胎児が優先的な相続人になり、もしもその胎児が生まれてくる事ができなければ、被相続人の兄弟などが相続人として認められることになります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

限られた期間内での相続税、自分では気付かないことだらけでしたが親切でていねいに対応して頂き助かりました。 また内容においても良心的で無駄がなくポイントをついたすばらしいものでした。やっぱりプロにお願いして良かったなあと思いました。 最後ファイルを頂い […]

お願いして良かったと思っています。

最初お願いする際に、わざわざ遠い所を家まで来て頂き、詳しい説明を受けられた事で、安心しておまかせすることが出来て良かったです。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る