相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

借地権の物納について

借地権の物納について

相続税の納税は金銭による一括納付が原則ですが、分割払いでも支払いが困難である旨を相続が開始したのを知った日から10ヶ月以内に申請し、認められた場合には物納制度を利用することが出来ます。

その場合にも優先順位が設けられており、不動産はその第一順位に値します。

では借地権(貸宅地)は物納できるのでしょうか。

これも原則は可能ですが、国有財産としての一定の貸出基準を満たしている必要があります。

またその土地は以前の契約を引き継ぎ、国保有のものになりますので、国にとって不利な条件のままだと物納自体認められることが出来なくなります。

したがって事前に契約を変更するなどの準備をすることが必要ですが、国にとって有利な条件とは借地人にとっては不利な条件ということになりますので、借地人の協力を得て準備を進めていくことが不可欠になります。

国が借地権を買い取ってはくれませんが借地人以外に売却することはありませんし土地は買い戻すことも出来ます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

タイトなスケジュールの中、きちんと対応していただき、 また、節税のアドバイス(こちらから質問させていただいた事に対して)いただきありがたかったです。

田代様、鳥居様、この度は大変お世話になりました。 とても細かく丁寧な対応をして頂き、安心してお任せする事が出来ました。 有難うございました。

松島さんはとても話し易くて、担当者になっていただき本当に良かったです。こちらは全く無知で恥ずかしい位ですが、何を聞いてもソフトに答えて下さり、家庭教師のお兄さんみたいな感じで、税理士=バリキャリみたいなイメージとは違って、とても助かりました。聞き易い […]

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

面談時の
3密対策

ページトップへ戻る