相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

借地権の物納について

借地権の物納について

相続税の納税は金銭による一括納付が原則ですが、分割払いでも支払いが困難である旨を相続が開始したのを知った日から10ヶ月以内に申請し、認められた場合には物納制度を利用することが出来ます。

その場合にも優先順位が設けられており、不動産はその第一順位に値します。

では借地権(貸宅地)は物納できるのでしょうか。

これも原則は可能ですが、国有財産としての一定の貸出基準を満たしている必要があります。

またその土地は以前の契約を引き継ぎ、国保有のものになりますので、国にとって不利な条件のままだと物納自体認められることが出来なくなります。

したがって事前に契約を変更するなどの準備をすることが必要ですが、国にとって有利な条件とは借地人にとっては不利な条件ということになりますので、借地人の協力を得て準備を進めていくことが不可欠になります。

国が借地権を買い取ってはくれませんが借地人以外に売却することはありませんし土地は買い戻すことも出来ます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

わからないとこばかりで、心配や不安の日々でしたが、遠方からの依頼も引き受けて頂き、ありがとうございました。本当に助かりました。

1.何事にも分かり易い丁寧な話し方でした。 2.少しでも私に有利な申告になるよう考えて、私にも分かる説明でした。

色々お願いした事にきちんとご対応頂きました。 ご説明/解説頂いた内容も判り易く、プロの仕事をされていると感じました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る