相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

相続税の申告においてやむを得ない事情とは

相続税の申告においてやむを得ない事情とは

相続税申告の際には、被相続人が死亡した次の日から10カ月以内という期限が設けられています。

その期限に遅れても申告することはできますが、10か月以内に申告が間に合わなかった場合は配偶者の税額軽減措置を受けることができなくなります。

10か月以内に申告できなかった場合は、その時点で配偶者控除を適用しない税額で申告し、さらに期限の延長を申請します。

最終的に分割方法が確定して申告すれば、その支払った税金が還付されるという仕組みになっています。とはいえ、どういうケースでも申告期限が猶予されるわけではありませんので注意が必要です。

相続税法においては、やむを得ない事情があった場合のみと規定されています。
では、「やむを得ない事情」とはどういうものがあるのでしょうか。

これも規定があり、まず一つは、「その相続もしくは遺贈に関して訴えが提起されている場合」です。

更には「その相続もしくは遺贈に関する和解、調停又は審判の申立てがされている場合」、「その相続もしくは遺贈に関して、民法の規定により遺産の分割が禁止され、又は相続の承認若しくは放棄の期間が伸長されている場合」「3年以内に分割されなかったこと及びその財産の分割が遅れたことについて、税務署長がやむを得ない事情があると認めた場合」が「やむを得ない事情」として定義されています。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料面談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る