年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

相続税の申告においてやむを得ない事情とは

相続税の申告においてやむを得ない事情とは

相続税の申告においてやむを得ない事情とは

相続税申告の際には、被相続人が死亡した次の日から10カ月以内という期限が設けられています。

その期限に遅れても申告することはできますが、10か月以内に申告が間に合わなかった場合は配偶者の税額軽減措置を受けることができなくなります。

10か月以内に申告できなかった場合は、その時点で配偶者控除を適用しない税額で申告し、さらに期限の延長を申請します。

最終的に分割方法が確定して申告すれば、その支払った税金が還付されるという仕組みになっています。とはいえ、どういうケースでも申告期限が猶予されるわけではありませんので注意が必要です。

相続税法においては、やむを得ない事情があった場合のみと規定されています。
では、「やむを得ない事情」とはどういうものがあるのでしょうか。

これも規定があり、まず一つは、「その相続もしくは遺贈に関して訴えが提起されている場合」です。

更には「その相続もしくは遺贈に関する和解、調停又は審判の申立てがされている場合」、「その相続もしくは遺贈に関して、民法の規定により遺産の分割が禁止され、又は相続の承認若しくは放棄の期間が伸長されている場合」「3年以内に分割されなかったこと及びその財産の分割が遅れたことについて、税務署長がやむを得ない事情があると認めた場合」が「やむを得ない事情」として定義されています。

関連性が高い記事

相続税の申告期限までに遺産分割が間に合わない場合の未分割申告

1.10ヵ月以内に遺産分割が間に合わない 相続が発生したら、速やかに相続財産の分割を行い、相続税の計算をした後、税務署に相続税の申告をして納税を行わなければなりません。しかし、相続財産の分割というのはなかなかうまくいかないことが多く、あらかじめ定めら […]

相続の開始があったことを知った日とは

相続の開始があったことを知った日とは 相続後の手続きでは、期限が定められているものがいくつかあります。 例えば、相続放棄の手続きは、自己のために相続開始があったことを知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所において手続き(申述)を行わなければなりません。 […]

納付義務の承継について

納税義務の承継 相続があった場合、相続人(包括受遺者を含みます)は、被相続人の資産を相続するとともに、被相続人の未納の税金があるときは、その納税義務を継承しなければなりません。 たとえば、住民税の場合、その年の1月1日時点の住所地で、前年の1月1日か […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る