相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

純山林の相続税評価方法

純山林の相続税評価方法

相続税・贈与税における山林の種類は、純山林・中間山林・市街地山林(広大な市街地山林を含む)の3つに分けられます。

純山林の相続評価は、倍率方式で求められます。

つまり、固定資産税評価額×倍率倍率の方式で求められます。

例えば、100?の山林で固定資産税評価額が100万円、倍率3.3の地域だと仮定しますと、相続税評価額は100万円×3.3=330万円ということになります。

田舎にある山林は都会にある宅地や山林ほど固定資産税評価額が高くはないですから、ちょっとした山林を所有しているくらいでは相続税に苦しむことは少ないでしょう。

しかし、何十ヘクタールもあるような広大な山林を持っていれば、当然評価額が跳ね上がります。

意識的に相続税対策を行なうこともなく、「寝耳に水」という感じで山林を相続することになった相続人が、相続税を払えずに山林を手放すということも少なくないようです。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

初めての経験でしたのでていねいにわかりやすく対応して頂き安心して依頼することができました。

相続税の申告期限まで時間が短い中だったが、タイムスケジュール管理も含め、丁寧にご対応を頂けたと感じた。 2次相続の際やその事前準備までもご相談に乗って頂きたい。

細部にわたり丁寧にご対応頂き、ありがとうございました。  

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る