相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続税 改正とは

相続税 改正とは

日本において税制が整備されてから、それらは何度となく改正を繰り返してきました。

相続税法も例外ではありません。

相続税法については、平成23年度の改正が国会で協議されてきましたが、結局ねじれ国会などの影響を受けて改正が実現されませんでした。どのような点が改正される予定であったのかをこちらで簡単にご紹介します。

改正には至らなかったものの、相続税法の改正が必要であると言うことは多くの専門家が述べており、実際相続税による税収はとても少なく、相続税を課税する対象者を拡げるよう相続税法が改正されることが予定されていました。

改正案として、相続税の基礎控除を4割縮小するということ、最高税率を50%から55%まで引き上げるということ、生命保険における控除の制限を強化することなどが挙げられており、相続税の税収を増やすべく改正が検討されてきましたが、結局このたびの国会では可決されませんでした。

平成24年度の国会でも再び議論が行われることでしょう。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

細部にわたり丁寧にご対応頂き、ありがとうございました。  

申告期限まで約1ヵ月という短期間であったが、迅速かつ適確に進めて頂き感謝しています。 遺産分割に係るアドバイスもわかりやすく大変参考になりました。

細々としたこちらの疑問点について何ひとついやな顔をせずあくまでも謙虚で紳士的な対応をして下さった魚住さん。人柄が最高でした。最後に全相続人に対して代表者の私が伝えても伝わりにくいことをあらかじめ税理士さんの立場からお話しをして欲しいと要望したところ想 […]

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る