年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

死後認知と相続税の関係

死後認知と相続税の関係

死後認知と相続税の関係

婚姻関係にない男女間に子供が生まれた場合、その子供が父親の財産を相続するには、父親からの認知を受けなければなりません。

父親が認知せずに死亡した場合、その死亡後3年以内であれば子供もしくは直系卑属、または法定代理人は裁判所に訴えを提起し、認知させることができます。

これを死後認知といいます。認知は、子供の出生時にまでさかのぼって効力を有します。ですから、子と父親の間に法律上の親子関係が生じ、子には当然相続人としての権利が与えられるのです。

では、遺産分割協議が終わった後に、死後認知があった場合、どうなるのでしょうか。

認知された子供を含めて協議をやり直さなければならないのでしょうか。その必要はありません。

民法はその910条で、遺産分割協議後に認知された子は相続分に応じた価額のみによる支払い請求ができることにとどめています。

つまり、子は法定相続分の支払いを他の相続人に求めることはできても、遺産分割協議のやり直しを求めることはできないのです。

では、認知された子に対する価額のみの支払いが、相続税を納めた後だった場合はどうすればいいのでしょうか。

その場合、相続人は認知の裁判が確定したことを知った日の翌日から4か月以内に、更正の請求を行い、払いすぎた分の払戻しを請求することができます。

関連性が高い記事

相続税の期限後申告の特則

小規模宅地等の特例の適用けるためには、相続税の申告が必要です。しかし、この特例を受けると相続財産の課税価額が基礎控除内となるため、相続税の申告は不要だと考えていると、税務署からお尋ねを受ける場合があります。しかし、その後に、申告を行っても、この特例を […]

相続税の改定について

相続税の改定について 相続税の増税が予定されています。どのような点が変化したのか、ポイントごとに簡単にご紹介しましょう。 まずは、基本控除額が引き下げられたと言うことが大きなポイントとなるでしょう。 従来よりおよそ4割の引き下げとなり、従来であれば控 […]

居住無制限納税義務者とは

相続税法において、納税義務者の区分は無制限納税義務者と制限納税義務者とに分けられていますが、その中でもさらに無制限納税義務者には区分があります。 その一つが、居住無制限納税義務者です。 この定義としては、相続や死因贈与を原因とする遺贈によって財産を得 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る