相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

庭園にある立木の相続税評価

庭園にある立木の相続税評価

立木というのは、土地に生えている1本の木や集団の樹木のことをいいます。

この立木の扱いや所有者はどうなっているかというと、立木は土地の上にある不動産として扱われており、その土地の所有者に所有権があることになっています。

相続税評価をする際には、この立木が植えられている土地がどういった場所なのか、たとえば森林や、庭園など、場所によって評価区分が異なります。

もし相続した立木の生えている場所が、庭園であるなら、その立木の価額は、家屋に付随する庭園設備のひとつに含めて評価されます。

つまり、庭園設備というのは、庭木だけでなく、他にも庭石やあずまや、庭池などがありますので、これらを一まとめにして評価をするということになります。

なお、評価額は、その庭園設備の調達額の100分の70に相当する価額で評価されます。
(財産評価基本通達125および92(3)参照)。

価額=調達額×70%

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る