相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

貸付信託受益証券の相続税評価

貸付信託受益証券の相続税評価

財産と一口に言っても、預貯金・土地・建物の他に株式などの有価証券など色々なものがあります。

相続税の課税には、それぞれの財産が持つ性質が考慮され、決定されます。

これらの異なる性質の財産を公平に評価するために、国税庁は『財産評価基本通達』によって具体的な評価方法を定めています。

貸付信託受益証券というのは、信託財産を運用することによって得られた利益を受ける権利を示した有価証券のことです。

貸付信託受益証券は、その証券を発行した信託銀行などが買い取った買取価格が評価額になります。

具体的には、元本の額に既経過収益額を足し、そこから源泉所得税額と買い取り割引料を差し引いた額が評価額となります。

貸付信託の設定日から一年以上が経過していない場合には、この算式に準じて計算した金額が評価額となります。

“既経過収益額”とは、課税時期を含む収益計算機関尾開始日から、課税時期の前日までの期間の収益分配の金額のことです。

“買い取り割引料”は、信託銀行などによって異なるため、発行した信託銀行などで確認が必要です。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料相談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

電話、メールでの対応が、きめ細く満足でした。

仕事の進め方がていねいでわかりやすく、安心してお任せすることができました。 ありがとうございます。

初めての相続税申告で、むずかしそうで不安があり、 とても助けていただいたと思いました。

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る