相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

退職手当金の相続税評価

退職手当金の相続税評価

亡くなった方が受け取るはずであった退職金や功労金を遺族が受け取った場合にも、相続税課税の対象になります。国税庁の、『相続税基本通達』には、“退職手当金等”と表記してありますが、この退職手当金等には、受け取る名目に関わらず、退職手当金等として支給される金品を言うので、現物で支給された物も含まれます。

ただし、受け取った退職手当金等の全てに課税される訳ではなく、非課税限度額が決められています。

非課税限度額は、「500万円×法定相続人の数」です。この限度額を超えている場合に、相続税が課税されます。非課税限度額に、「その相続人が取得した退職手当金等の合計額÷全ての相続人が取得した退職手当金等の合計額」をかけた金額を、その相続人等が取得した退職金等の金額から差し引きます。

このように計算された金額が、課税される額となります。

この計算をするに当たっては、国税庁の公示している、相続税申告書第10表「退職手当金などの明細書」を使用すると計算がわかりやすくなり、便利です。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

若いのにとても親切でたすかりました。 また何かありましたらぜひお願いしたいと思います。 ありがとうございました。

市街化区域内農地における、相続猶予制度など全く知識が無かったため、頼りがいのある相談を頂けて助かりました。

大変良かったと思います。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る