相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続放棄はどこの裁判所に

相続放棄はどこの裁判所に

遺産相続にあたり相続人が相続放棄を選択する場合、その手続きを家庭裁判所に申し立て申請しなければなりません。

家庭裁判所と言っても、どこの裁判所でも良いということではないので気をつけてください。申し立てできる家庭裁判所は、被相続人の最後の住所である土地を管轄している裁判所に限ります。

被相続人の最後の住所は、被相続人の住民票や戸籍の附票を取り寄せることで確認できます。しっかりと被相続人の最後の住所を確認しなければ、住んでいた場所が最後の住所と思ったりして実は違ったなどということになる可能性がありますので注意が必要です。

被相続人の最後の住所を確認後、その住所を管轄している家庭裁判所に相続放棄の申し立てをして下さい。その住所管轄の家庭裁判所は、市町村役場でも確認できますし、インターネットでも調べることができます。

該当する家庭裁判所を確定したのち、必要書類及びその手続きに必要とされる費用や収入印紙を用意して手続きに入ります。

詳細は家庭裁判所に問い合わせても確認することができます。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

御世話になりました。 突然の出来事でどうすればいいか分からなかった所親切に対応していただき、たすかりました。 また何かあれば、よろしくおねがいします。

初めての相続に戸惑う私共に、懇切丁寧に教えて下さり、 また、拙い質問にも気持ち良くお答え頂きありがとうございました。 最後に送付された相続税申告書には感動いたしました。

大変親切に対応して頂き、安心出来ました。 お世話様でした。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る