相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

構築物の相続税評価

構築物とは

構築物というのは、建物と建物附属設備以外の土地の上に定着している建造物、工作物、土木設備のことをいいます。

次のようなものがあります。
駐車場のアスファルト舗装、橋、ガソリンスタンド、トンネル、広告塔、看板、貯水池、路面等

構築物の評価の単位

構築物の相続税評価の価額は、原則1個の構築物ごとに評価されています。

ただし、2個以上の構築物でそれらを分離した場合にはその利用価値が著しく低下させると認められるものについては、一括して評価することになります。(財産評価基本通達第4章「構築物」参照)

構築物の評価方式

価額は下記のように求められます。

{(構築物の再建築価額)−(建築の時から課税時期までの期間に応ずる償却費の額の合計額又は減価の額)}×0.7 再建築価額とは、評価基準日においてその構築物を新たに建築等する場合の費用です。

つまり、おおよそ現在の価額の70%相当額が評価額となります。

文化財建造物の場合

文化財建造物である構築物の場合は、次の通りになります。

通常の構築物の評価額−通常の構築物の評価額×控除割合

このときの割合というのは、文化財建造物の種類ごとに次の通りで定められています。

文化財建造物の種類が重要文化財の場合:控除割合0.7
文化財建造物の種類が登録有形文化財又は伝統的建造物の場合:0.3

庭園設備

庭園設備である庭木・庭石・あずまや・庭池等)の価額は、上記の構築物の評価とは異なり、次のように評価します。

庭園の調達価額(※)×0.7
※課税時期においてその庭園をその財産の現況により取得する場合の価額

その他

 構築物とは異なり、附属設備等とされるものの評価は、別途規定されています。

また、附属設備のうち家屋と構造上一体となっている電気・ガス・給排水設備やエレベーターなどの昇降設備については、家屋の価額に含めて評価をするので、附属設備等を単独で評価する必要はありません。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る