相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

構築物の相続税評価

構築物とは

構築物というのは、建物と建物附属設備以外の土地の上に定着している建造物、工作物、土木設備のことをいいます。

次のようなものがあります。
駐車場のアスファルト舗装、橋、ガソリンスタンド、トンネル、広告塔、看板、貯水池、路面等

構築物の評価の単位

構築物の相続税評価の価額は、原則1個の構築物ごとに評価されています。

ただし、2個以上の構築物でそれらを分離した場合にはその利用価値が著しく低下させると認められるものについては、一括して評価することになります。(財産評価基本通達第4章「構築物」参照)

構築物の評価方式

価額は下記のように求められます。

{(構築物の再建築価額)−(建築の時から課税時期までの期間に応ずる償却費の額の合計額又は減価の額)}×0.7 再建築価額とは、評価基準日においてその構築物を新たに建築等する場合の費用です。

つまり、おおよそ現在の価額の70%相当額が評価額となります。

文化財建造物の場合

文化財建造物である構築物の場合は、次の通りになります。

通常の構築物の評価額−通常の構築物の評価額×控除割合

このときの割合というのは、文化財建造物の種類ごとに次の通りで定められています。

文化財建造物の種類が重要文化財の場合:控除割合0.7
文化財建造物の種類が登録有形文化財又は伝統的建造物の場合:0.3

庭園設備

庭園設備である庭木・庭石・あずまや・庭池等)の価額は、上記の構築物の評価とは異なり、次のように評価します。

庭園の調達価額(※)×0.7
※課税時期においてその庭園をその財産の現況により取得する場合の価額

その他

 構築物とは異なり、附属設備等とされるものの評価は、別途規定されています。

また、附属設備のうち家屋と構造上一体となっている電気・ガス・給排水設備やエレベーターなどの昇降設備については、家屋の価額に含めて評価をするので、附属設備等を単独で評価する必要はありません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

申告期限3ヶ月前からお願いをしましたが、特に被相続人の過去5年間の預貯金等のお金の流れ等の精査について、手間がかかる書類作成や確認作業、税務の処理方法等、適切にご支援いただき助かりました。申告期限に間に合って感謝しております。 貴社ご担当の山本様も誠 […]

不動産件数が多い中、調査に大変な時間を要したようですが、期限内での相続税の納入ができました。また、私供の分らないことも、調べて報告を頂く等、親切で真摯な応対をしていただき感謝しています。

相続税の申告が迫る中、短い期間で迅速に対応して頂きありがとうございました。 申告項目の一つ一つの根拠法文等をご説明頂き安心して申告を完了することが出来ました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る