年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

土地を相続する際の手続き

土地を相続する際の手続き

土地を相続する際の手続き

土地を相続する際は、まず不動産について名寄帳で調べなければなりません。

死亡者がいくつかの不動産を所有しており、相続人がそれを把握していない場合、不動産が存在すると思われる市町村役場で「名寄帳の写し」を請求します。

これには、その土地の固定資産評価額なども含めて、死亡者がその市町村で所有していたすべての不動産に関する情報が記載されています。

この請求を行う際には、戸籍謄本などの相続人であることを証明できる物が必要です。

故人の不動産を把握している場合は、その土地の固定資産評価証明書を請求します。

次に、その土地について調べます。

地方法務局で、不動産登記事項証明書を取得するなら、その土地の種類や面積、共有者や抵当権など権利に関する情報などを知ることができます。

その後、相続人の確定を行います。

死亡者の戸籍謄本や相続人の戸籍謄本を調べ、相続の権利を持つ人をはっきりさせ、その全員で土地をどのように分割するか話し合いを行います。

分割の仕方は話し合いで自由に決定できますが、協議書に全員が署名、押印をし、相続人全員の意見が一致していることが分かるようにしなければなりません。

分割が決まったのち、不動産の所有権移転登記という手続きをその土地を管轄する法務局で行います。

この際主に必要となる書類は、所有権移転登記申請書、相続関係説明図、相続関係を証明する戸籍謄本類、遺産分割協議書、相続人全員の印鑑証明、固定資産税評価証明書などです。

なお、故人の遺言に従って相続を行う場合は、遺産協議書の代わりに検認済みの遺言書または遺言公正証書を添付します。

関連性が高い記事

共有名義の土地の相続について知っておきたいこと

不動産の共有は遺産分割において避けた方がいいと言われています。この記事では共有名義の土地の相続について知っておきたい問題点と、また共有が適してるケースについても解説しますので参考にしてください。 1.共有名義の土地の基礎知識 共有とは、ひとつの物を複 […]

相続した不動産に不動産取得税はかかる?

相続した不動産に不動産取得税はかかる? 不動産取得税とは、売買、贈与、交換、建築等によって、土地や家屋といった不動産の所有権を取得する際に、一度だけ課税されるものですが、登記の有無や有償無償の別、期間の長短や取得の理由を問わず、不動産を取得した人が納 […]

遺産の相続登記は義務か?

遺産の相続登記は義務か? 遺産相続で土地や建物などいわゆる不動産を相続した場合に、相続登記の手続きをする必要があります。 しかし、この相続登記は法務局より義務付けられてるわけではありません。 不動産相続をした相続人が相続登記をせず、そのままにしておい […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る