相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

同族株主の判定方法の注意点

同族株主の判定方法の注意点

株主と経営者とが同じ会社、いわゆる同族会社では、会社の経営に支配力を持っているため、その株式の評価は、配当還元方式は取らずに原則的評価方法で評価します。

ですから、一般的には評価額はその他のものと比べて高くなります。

では、具体的に同族株主とはどのような基準で判定されるのでしょうか。

同族株主とは、原則として、株主の一人と、その同族関係者が所有する株式の合計数が、その会社の発行株式総数の30パーセント以上である場合を指します。

また、株主の一人と、その同族関係者が所有する株式の合計数が最も多いグループが所有する株式の合計数が、その会社の発行株式総数の過半数である時には、その過半数の株式を所有するグループに属する株主もまた同族株主と言われます。

また、同族株主のうち、当人、配偶者、直系血族、兄弟姉妹および一親等の姻族が所有する株式の合計数が、その会社の発行株式総数の25パーセント以上であるときには、中心的な同族株主とみなされます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

拝啓 今年も残りわずかとなってまいりました。 さて、この度の私共の相続につきましては、大変お世話になっており、ありがとうございました。はじめての相続で分からないことばかりでしたが、荒巻さまには、お忙しい中いつも電話で質問に親切丁寧にお応えいただき、心 […]

相続税に対して全く無知である私にわかりやすく、資料収集をアドバイスしてくれました。

面談・打合せは当初だけで、以後電話と郵便物のやりとりで、 スムーズに進められ、面談・打合せの負担もなく、成果品をまとめて頂いた。 ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る