年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

中小企業の経営者が相続税の増税で具体的に何をしておけばよいか

中小企業の経営者が相続税の増税で具体的に何をしておけばよいか

生前対策がなにより重要になります

相続税の基礎控除が引き下げられ、相続税の対象者が都市部では大幅に増加することが予想されます。現在の年収が1,000万円以上又は保有自社株の評価額が5,000万円以上の場合には、相続税の課税対象者となる可能性が高いですので現状での相続税の試算をすることをおすすめします。

相続税の生前対策で一番重要なのは、現状把握となります。現状の相続税はいくらくらいかかってしまうのか、納税資金に余裕はあるのか等、現状の問題点を抽出することが非常に重要です。

問題点を抽出できれば一つ一つその問題を解決していけばよいのです。なお、問題点の解決には時間を要するものもございますので、早い段階で余裕を持って現状把握をすることをおすすめします。

(1)相続税の節税
相続税の節税対策としては、自社株の評価引き下げ、生前贈与、小規模宅地等の特例が有効活用できるか、不動産の評価で減額可能な対策はないか、資産を組み替えることにより相続税の節税にならないか等を総合的に勘案しながら進めていきます。

(2)納税資金の準備
納税資金は相続が起こってから準備しても遅いことが多々有ります。生前のうちに相続人が困らないように準備をしておきましょう。生命保険への加入、退職金規程の整備、不動産の売却、相続後の自社株買い取りによる納税資金の確保の場合の事前準備等様々の方法から自分にあった対策を考えておく必要があります。

関連性が高い記事

株式交換による自社株評価の引き下げ

株式交換の活用 株式交換を行うことにより、株式の評価額を下げることができるのは以下のような場合です。 『株式評価額の低い会社を親会社とし、株式評価額の高い会社を子会社とする』 株式評価額の低い会社と高い会社をそれぞれ所有していた場合、相続税の財産評価 […]

先代経営者について(事業承継税制)

先代経営者について(事業承継税制) 中小企業などで、後継者が相続によって会社を受け継ぎ、経営していく場合に、その税金が猶予されます。これは、相続税の負担によって事業の継続が難しくなってしまうのを防ぐための制度です。この制度を利用すると、株式等にかかる […]

自社株を生前贈与する上での注意点と節税の効果を教えて下さい

生前贈与で計画的な事業承継を (1)贈与税の確認 贈与する際には、税率表により贈与税がかかるかどうか確認しましょう。 (贈与株式の相続税評価額-110万円)×税率-控除額=贈与税額 ※ 税率については、平成25年度税制改正により改正され、平成27年1 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る