相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

中小企業の経営者が相続税の増税で具体的に何をしておけばよいか

生前対策がなにより重要になります

相続税の基礎控除が引き下げられ、相続税の対象者が都市部では大幅に増加することが予想されます。現在の年収が1,000万円以上又は保有自社株の評価額が5,000万円以上の場合には、相続税の課税対象者となる可能性が高いですので現状での相続税の試算をすることをおすすめします。

相続税の生前対策で一番重要なのは、現状把握となります。現状の相続税はいくらくらいかかってしまうのか、納税資金に余裕はあるのか等、現状の問題点を抽出することが非常に重要です。

問題点を抽出できれば一つ一つその問題を解決していけばよいのです。なお、問題点の解決には時間を要するものもございますので、早い段階で余裕を持って現状把握をすることをおすすめします。

(1)相続税の節税
相続税の節税対策としては、自社株の評価引き下げ、生前贈与、小規模宅地等の特例が有効活用できるか、不動産の評価で減額可能な対策はないか、資産を組み替えることにより相続税の節税にならないか等を総合的に勘案しながら進めていきます。

(2)納税資金の準備
納税資金は相続が起こってから準備しても遅いことが多々有ります。生前のうちに相続人が困らないように準備をしておきましょう。生命保険への加入、退職金規程の整備、不動産の売却、相続後の自社株買い取りによる納税資金の確保の場合の事前準備等様々の方法から自分にあった対策を考えておく必要があります。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料相談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る