年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

家を相続したら何をする?相続不動産の手続と税金について

家を相続したら何をする?相続不動産の手続と税金について

ご両親が住んでいた自宅など不動産を相続した場合、相続後の手続や不動産に関わる税金にはどのようなものがあるのでしょうか?

もし、不動産の名義を変更せず、そのままにしていたら何か問題があるのでしょうか?相続不動産に関わる手続や税金についてご紹介します。

面倒な相続登記が実質「0円」でできる技はコチラ ››

1.家等、不動産の相続税の計算方法

相続や遺贈によって取得した不動産には「相続税」が課税されます。

しかし、取得した不動産全てに相続税が課税される訳ではありません。相続税には基礎控除というものがあります。この基礎控除を超えた部分が相続税の課税対象となります。

家を相続したら何をする?相続不動産の手続と税金について

つまり、法定相続人が3人(配偶者と子2人)だった場合、基礎控除は4,800万円です。相続財産の総額が4,800万円以下であれば相続税は課税されません。

不動産の相続税を計算する場合には、まず、相続財産の総額を算出する必要があります。

相続税の計算方法は下記をご確認ください。

遺産を相続したら必ず相続税は発生するの?相続税を計算しよう

相続財産の総額を計算する際に、ポイントとなる点が不動産の評価額です。

不動産は実際に取引されている時価がありますが、相続税の計算を行う場合には、「相続税評価額」を用いて計算します。相続税評価額は路線価や固定資産税評価額等により土地と建物のそれぞれで評価を行います。

家を相続したら何をする?相続不動産の手続と税金について

2.家等、不動産を相続したら「相続登記」を行う

相続した不動産の名義を被相続人から相続人へ変更することを「相続登記」と言います。遺産分割が終了し、相続財産が確定したら、なるべく早めに相続登記を行ないましょう。

相続登記は期限が決まっておらず、名義変更をしなくても大きな問題になることが少ないことから、うっかりそのままにしてしまうというケースも多くあります。

しかし、実際には相続登記を行っていないことによるデメリットが多く存在します。

(1)相続登記を行わないデメリット

家を相続したら何をする?相続不動産の手続と税金について

相続登記を行わない場合のデメリットは上記の3つです。とくに、3つ目の「新たな相続が発生した場合、相続人が増えていく」は後々、とても大変になることが多いです。

例えば、父が亡くなり不動産を相続したので相続登記を行おうと思ったら、不動産の名義が祖父だったというケースでは、祖父の遺産分割をやり直す必要があります。

このようなケースが、何代も続いてしまうと、相続人を確定するだけでもかなり大変な作業となります。不動産は代々、受け継がれる可能性の高い資産と言えるため、相続登記は必ず行う方が良いと言えるでしょう。

(2)相続登記の費用と必要書類

相続登記は当該不動産の所在地を管轄する法務局で行います。相続登記には登録免許税(当該不動産の固定資産税評価額の0.4%)がかかります。

また、書類を取得するための費用も数千円程度かかるので覚えておいて下さい。

相続登記に必要な書類は以下の通りです。

家を相続したら何をする?相続不動産の手続と税金について

*遺言によって相続登記を行う場合には、遺産分割協議書と相続人全員の印鑑証明は不要です。

(3)相続登記の手続を代行してもらうには

相続登記はご自身で行うことも可能ですが、手間や時間がかかることがあります。

相続登記は司法書士に依頼することが可能です。相続人の代わりに相続登記を行うことができる専門家は司法書士のみです。

司法書士にお願いする費用相場は3万円~5万円程度の費用がかかりますが、印鑑証明以外の書類集めから申請まですべてをお願いすることが出来ます。

プロの司法書士に依頼しても面倒な相続登記が実質「0円」でできる技はコチラ ››

3.相続した不動産に関わる税金

相続や遺贈によって取得した不動産には相続税が課税されるとご説明しましたが、相続税以外にも不動産に課税される税金があります。

(1)固定資産税

不動産に課税される税金として、最も有名な税金と言えるのはないでしょうか?

固定資産税は、毎年1月1日時点で不動産を所有している人が1年間分の税金を納付する必要があります。相続によって不動産を取得した場合には、翌年から固定資産税の支払い義務が発生します。

固定資産税は賦課課税方式となるため、各地方自治体が税額の計算を行います。算出された税額を記した通知が毎年4月頃に送られてきます。

納付の期限に関しては、各地自治体によって期限が異なるため、ご自身がお住いの地域の自治体にご確認ください。

(2)相続人以外が不動産を取得した場合「不動産取得税」

不動産取得税とは、不動産を取得した際に課税される税金です。

税額は固定資産税評価額の3%と決まっています。相続によって取得した不動産には不動産取得税は課税されません。

しかし、相続人以外の人が被相続人から不動産を取得した場合には不動産取得税が課税されます。

(3)相続した不動産を売却する場合「譲渡所得税」

相続によって取得した不動産を売却した場合、売却によって得た譲渡所得に対して、譲渡所得税が課税されます。譲渡所得は以下の算出式から計算します。

家を相続したら何をする?相続不動産の手続と税金について

譲渡所得税は上記の譲渡所得に、復興特別所得税を併せた所得税15.315%と住民税5%の20.315%の税率をかけて算出します。

(4)賃貸不動産を相続した場合「所得税」

賃貸不動産を相続した場合には、家賃収入等の不動産所得が発生します。毎年、確定申告を行い、所得税を納める必要があります。

4.こんな場合はどうなるの?相続登記にまつわる疑問を解決!

(1)被相続人の名義のままでも住むことはできる?

「2.家等、不動産を相続したら「相続登記」を行う」でもご説明しましたが、相続登記をせずに住むことは可能です。しかし、いざ、売却をしようと考えた時や

担保にしたいと思った時に出来ない、新たな相続が発生したらややこしくなるなどのデメリットやリスクがあるためオススメはできません。

仮に、相続開始から期間が経過してしまったという場合でも、相続登記は期間の定めがありませんので、気づいた時に名義変更するようにしましょう。

プロの司法書士に依頼しても面倒な相続登記が実質「0円」でできる技はコチラ ››

(2)相続した不動産を兄弟で共有して登記することもできる?

相続登記は共有名義で行うことも可能です。しかし、共有名義の登記にもメリットとデメリットがあります。基本的には不動産の共有名義はできるだけ行わない方が良いです。

ここでは簡単にメリットとデメリットをご紹介しておきます。

家を相続したら何をする?相続不動産の手続と税金について

まとめ

実際に、所有者が分からない所有者不明の土地などの問題が深刻化しており、行く行くは相続登記が義務化される可能性も考えられます。

家や不動産を相続した場合、なるべく早めに相続登記を行うようにしましょう。

プロの司法書士に依頼しても面倒な相続登記が実質「0円」でできる技はコチラ ››

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

関連性が高い記事

小規模宅地等の特例とは ~概要・要件・質疑応答~

 相続税の各種特例のうち最重要と言っても過言ではない特例が、「小規模宅地等の特例」です。 小規模宅地とあるのでなんとなく土地に関する特例なんだろうなというのはわかると思います。 相続税専門の税理士が小規模宅地等の特例についてわかりやすく解説します。 […]

原戸籍(改製原戸籍・はらこせき)とは!?

原戸籍(はらこせき)と言う言葉、聞いたことはありますか?正確には改正原戸籍(かいせいげんこせき)と呼ばれるものですが、これは相続の際必要となってくるものの一つです。 戸籍法の改正によって戸籍の様式が変更されるたびに、記載される情報が少しずつ変わってく […]

共有名義の土地の相続について知っておきたいこと

不動産の共有は遺産分割において避けた方がいいと言われています。この記事では共有名義の土地の相続について知っておきたい問題点と、また共有が適してるケースについても解説しますので参考にしてください。 1.共有名義の土地の基礎知識 共有とは、ひとつの物を複 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る