相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

定期金受取人と相続税

定期金受取人と相続税

相続税法において、各種年金などの定期金受取人についての記述があります。

定期金受取人がその定期金給付のための条件が揃う前に死亡してしまい、当該定期金受取人以外の人物が定期金の給付を受ける事になった場合において、その定期金の掛け金や保険金を死亡した定期金受取人が負担していなかった場合、その定期金の受給権には何も課税されない、とされています。

相続税のほかに、所得税なども課税される事はないようです。

その次の項目では、死亡した定期金受取人が掛け金または保険金を負担していた定期金を、当該受取人が死亡した事により受け取る事になった人物には相続税が課税されるという事が述べられています。

定期金受取人が定期金を受け取る前に死亡することによってそれ以外の人物がその定期金の給付を受ける際は、その定期金の掛け金または保険金を誰が負担していたかによって、相続税が課税されるかされないかが決まってくるということに留意しましょう。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

数回は、御社へ足を運ばなければならないと思っていましたが、2~3回で済み、助かりました。

70半ばで急逝した実母の一戸建てを主とする相続のプロを探していて、チェスターさんに出会いました。 税理士さんの温かい人柄と、複雑な課題解決の手続きが期待以上でした。

当初は自分で申告書を作成しようとしていましたが、分からない事が出たため、ご相談して依頼しました。 分からないことなどを教えていただき、不安な事も解消していただき、安心できたので、依頼して良かったと思います。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る