相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相当の地代を引き下げた場合

相当の地代を引き下げた場合

宅地を賃借した時点では相当の地代を支払っていたものの、後になって相当の地代を引き下げたと言う場合の取り扱いはどのようになるのでしょうか?簡単にご紹介します。

借地権の設定の際に取引上において通常権利金を支払う慣行がある地域においては、権利金を支払う代わりに相当の地代を支払うことにより借地権を設定した場合には、借地権者に利益が生じないものとして取り扱うことと定められていますが、借地権の設定時にだけ相当の地代を支払いその後その地代の額を引き下げた場合、その引き下げについて相当の理由があると認められる場合以外には、その引き下げたときにおいて相当地代と引下げ後の地代と差額に見合う権利金相当額の贈与を受けたものとして取り扱われることが定められています。

地代を引き下げることについて「相当の理由がある場合」というのは、例えば、地代を引き下げる代わりに権利金を授受することとした場合、または、借地権の設定当時と比べて土地の価額が下落したというような場合が挙げられます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

全体的に、ていねいに説明を受けたので満足している

メール等での質問に対して、すばやく対応していただきました。 本当にどうもありがとうございました。

平成27年相続税の税制改正直後の相続発生ということで戸惑いもありましたが、相続税専門に特化しておられる税理士法人がベターであろうと判断し、ネット検索で色々検討した結果、貴法人を選びました。 最初に電話連絡した時に対応していただいた、山本税理士が担当し […]

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る