相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

連帯債務と相続税評価

連帯債務と相続税評価

連帯債務とは、一つの債務において複数の債務者がその全責任を負っている物の事を言います。

被相続人が死亡し、財産の相続が発生した場合に、被相続人の財産の中に連帯債務が残されており、それを相続した場合に、相続税の扱いはどのようになるのでしょうか。

連帯債務を相続した際には、その扱いは通常債務と同じで、その相続者が財産分割によって分割された額についての責任を、その他の債務者と一緒に負うことになります。

相続税法においては、債務控除の制度が設けられていますが、連帯債務を相続した場合にも債務控除は適用となるのでしょうか?

もしも、1人の債務者が債務を全額返済した場合には、その他の債務者に対して、自身が負担した割合に応じての弁済を請求することが認められています。

そして、その負担割合が明らかである場合については、相続税においてその分の債務控除を受けることができるとされています。

これらの制度については多少複雑であるので、専門家に相談してみると良いかも知れません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

説明も明確で、わかりやすかったです。おかげ様で無事相続を終えました。 法務局の手続きも問題なくできそうです。ありがとうございました。

最初にご説明頂いた時からとても丁寧でわかりやすく、信頼することができました。 質問にも的確にお答え頂き、安心してお任せできると思いお願い致しました。 申告書等の説明も詳細にして頂きましたので、一連の手続きが終了した現在は安堵しております。 いろいろと […]

粘り強く対応して頂き、疑問点は全て払拭されました。 有難うございました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る