相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

遺贈(いぞう)と相続の違い、そして相続税との関係

1.遺贈(いぞう)とは

遺贈とは、遺言によって財産の一部もしくは全てを無償で譲り渡す行為の事を言います。
これは、遺贈を受ける側の意思は関係なく、遺言者の一方的な意思によって遺贈する対象や遺贈される財産などが決定され、贈与や相続とは少し異なります。

2.遺贈の特徴について

贈与契約や相続とは異なり、遺贈においては遺言者があげると言えば遺贈が成立します。
また、個人の財産を“相続”するためには相続権を有する必要がありますが、遺贈の場合はこれが不要です。
つまり、第三者の他人でも遺贈は受けることができるのです。
但し、遺贈を行うに当たっては、遺言を残しておかなければなりません。
そして、その遺贈が効力を持つのは遺言者が死亡したときであると定められています。また、遺贈はもらう側の方の意思で自由に放棄することも可能です。

3.遺贈と相続税の関係

では、遺贈により財産を取得した方にはどういった種類の税金が課せられるのでしょうか。
結論から申し上げると、“相続税”となります。
相続人ではない方が、相続税を払うことになる場合は、少し違和感が生じる方もいるかもしれませんが、遺贈により財産を取得した場合においては、他の相続人と同様、相続税の課税対象となります。
つまり、仮に相続人ではない第三者が遺贈により財産を譲り受けた場合には、他の相続人と名を連ね、相続税申告書を提出し、相続税を納める必要性が出てきます。

専門相談員が無料でお話を伺います
相続手続き 遺言書作成 などでお困りの方へ
「相続」 に関する 無料相談 受付中!
専門相談員が無料でお話を伺います
0120-992-430
受付時間 – 平日 9:00 – 18:00 / 土日祝 9:00 –17:00
※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続税に対しての相談で小柴さんと上林さんに対応して頂きましたが、相談の内容について、しっかり聞いて頂き、さわやかな対応でした。資料作りにおいては少し本を読んでいましたが、思った以上に資料収集が必要で、それを一つ一つ説明して貰って、その資料が整えば間違 […]

お忙しい時期に関わらず引き受けて下さってありがとうございました。

相続についての知識もなく、仕事をしているため時間もなくという状況では、自分での手続きは不可能でした。 その点、面談と資料集め、簡単な書類記入だけで済み、大変助かりました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国7拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る