年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

遺贈(いぞう)と相続の違い、そして相続税との関係

遺贈(いぞう)と相続の違い、そして相続税との関係

1.遺贈(いぞう)とは

遺贈とは、遺言によって財産の一部もしくは全てを無償で譲り渡す行為の事を言います。
これは、遺贈を受ける側の意思は関係なく、遺言者の一方的な意思によって遺贈する対象や遺贈される財産などが決定され、贈与や相続とは少し異なります。

2.遺贈の特徴について

贈与契約や相続とは異なり、遺贈においては遺言者があげると言えば遺贈が成立します。
また、個人の財産を“相続”するためには相続権を有する必要がありますが、遺贈の場合はこれが不要です。
つまり、第三者の他人でも遺贈は受けることができるのです。
但し、遺贈を行うに当たっては、遺言を残しておかなければなりません。
そして、その遺贈が効力を持つのは遺言者が死亡したときであると定められています。また、遺贈はもらう側の方の意思で自由に放棄することも可能です。

3.遺贈と相続税の関係

では、遺贈により財産を取得した方にはどういった種類の税金が課せられるのでしょうか。
結論から申し上げると、“相続税”となります。
相続人ではない方が、相続税を払うことになる場合は、少し違和感が生じる方もいるかもしれませんが、遺贈により財産を取得した場合においては、他の相続人と同様、相続税の課税対象となります。
つまり、仮に相続人ではない第三者が遺贈により財産を譲り受けた場合には、他の相続人と名を連ね、相続税申告書を提出し、相続税を納める必要性が出てきます。

関連性が高い記事

相続税の期限後申告の特則

小規模宅地等の特例の適用けるためには、相続税の申告が必要です。しかし、この特例を受けると相続財産の課税価額が基礎控除内となるため、相続税の申告は不要だと考えていると、税務署からお尋ねを受ける場合があります。しかし、その後に、申告を行っても、この特例を […]

養子の人数の制限について

養子の人数の制限について 相続税の計算をする場合において、相続税の基礎控除額、生命保険金の非課税限度額、死亡退職金の非課税限度額、相続税の総額の計算などの4点については、法定相続人の数を基に行いますが、これらの計算をする際の法定相続人の数に含める被相 […]

居住無制限納税義務者とは

相続税法において、納税義務者の区分は無制限納税義務者と制限納税義務者とに分けられていますが、その中でもさらに無制限納税義務者には区分があります。 その一つが、居住無制限納税義務者です。 この定義としては、相続や死因贈与を原因とする遺贈によって財産を得 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る