相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

相続税のKSKシステムとは

相続税のKSKシステムとは

KSKシステムとは、KOKUZEI SOUGOU KANRI(国税総合管理)システムの略称であり、全国の国税局や税務署をネットワークで結び、納税者の申告に関する全情報を一元的に管理するコンピュータシステムをいいます。平成13年に全国に導入されました。

KSKシステムの活用

このシステムには過去の税申告関連のデータが全て蓄積されていますので、税務署としては税務調査対象とする納税記録参照の際などに利用することとなります。

相続税などに関しては、被相続人の死亡の事実は、市区町村役場からの通知が税務署に入ります。そこで、税務署はKSKシステムを使って過去の申告データ(所得税、固定資産税など)を調べ、収入が多かった方や不動産所得のあった方などの相続人へ相続税の申告案内を出します。

また、所得税額から考慮して所得が多くない方をシステムにより振り分けることで納税対象者に「絞り」をつけることができるというメリットがあるシステムです。

そして、相続人からの相続税申告を査定する際も、被相続人の収入や資産から比べて明らかに相続税額が低いと評価されると財務調査の対象になります。

一方で納税者からすると過去の納税記録への照会、証明書の発行などがスムーズに行われるようになるなどのメリットかあります。

このようにkskシステムは主として税務署の徴税手続きを簡便にするという公的なメリットがありますが、利用者にとっても事務手続きを正確・簡易に行うことができるというメリットもあります。

税務調査対策

ところで、税務調査は税務行政上の手続きであり、その実施あたっては、適正な手続きによって行われるべきであるという憲法上の要請があります。

このことは最高裁判所判例が明言しており(最高裁判所平成4年7月1日・成田新法事件など)具体的には税務法令及び行政手続法などの法令に従ったものである必要があります。

適正手続き違反は、行政庁によるによる法令違反であり、違法の旨を行政訴訟において主張することができます。税務調査においては、税理士・弁護士・行政書士など税務調査の手続きの適正を判断することができる税務・法務の専門家に立ち会うことを求めることで、手続き的に違法な税務調査が行われることを防止することができます。

税務調査においては、徴税官吏は質問調査権などにより税務調査の実効性を挙げるための法律上の権限を行使することができますが、適正手続き違反が疑われる事実がある場合にはその事実を指摘し、記録するなどの判断ができる税理士等の立会を求めることが望ましいということができます。

※この記事は専門家監修のもと慎重に執筆を行っておりますが、万が一記事内容に誤りがあり読者に損害が生じた場合でも当法人は一切責任を負いません。なお、ご指摘がある場合にはお手数おかけ致しますが、「お問合せフォーム→掲載記事に関するご指摘等」よりお問合せ下さい。但し、記事内容に関するご質問にはお答えできませんので予めご了承下さい。
【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る