相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

みなし相続財産とは

みなし相続財産とは

まず、『相続財産』とは、亡くなった方が死亡時に持っていた財産を言います。
相続人が複数いる場合には、遺産分割によって分けることになります。

実はこの他にも、被相続人が死亡時には持っていなかった財産で、相続税の申告をしなければならない財産があるのです。
それが、「みなし相続財産」です。
この代表例は、死亡保険金と死亡退職金であり、これらは被相続人が死亡したことを原因として発生する財産になります。
この他にも生命保険契約に関する権利、年金などの定期金に関する権利、そして、借金の免除など遺言によって受けた利益などさまざまなものがあります。

前者は、被相続人が生前に生命保険会社と締結した契約に基づいて保険会社から後に支払われるお金のことであり、後者は、被相続人が生前に勤めていた会社から貰うお金を指します。
死亡保険金などは、民法上では、故人の財産ではなく、死亡によって契約上受取人に指定された者が受け取るものです。

典型的なものは死亡保険金や死亡退職金ですが、これらには非課税限度額がありますから、全額が相続財産となるのではなく、全額から非課税限度額(500万円×法定相続人の数)が差し引かれた分が相続財産となります。

そして、相続税法においては、これらに相続税が課されます。

本来は相続財産ではないはずですが、“被相続人が死亡したことによって受け取ったもの”という意味では元々あった財産を相続するのと実質的に変わりありません。
これを相続財産に入れないと、不公平になってしまいますから、税法上、相続財産とみなして扱います。

申告時には相続財産と同じ扱いをする

初めにも書いた通り、相続税申告をする必要のある相続財産というのは「被相続人が死亡時に持っている財産」のことです。

その定義に照らし合わせると、みなし相続財産は相続財産と同じ扱いをする必要はなさそうに思えます。
ですが、みなし相続財産は被相続人の死亡を原因として相続することになった財産です。

つまり、相続財産と性質に何ら変わりがないことになります。

このような理由から、生前から持っていなかった財産であっても、相続財産と同じ扱いをして相続税申告が必要な財産に含めることになっているのです。

節税対策にも役立てることができる

このように、相続税申告の対象となるみなし相続財産ですが、実は節税対策として利用することもできるのです。
死亡保険金と死亡退職金は、「500万円×法定相続人の数」までであれば非課税になります。

つまり、夫が亡くなり妻と二人の子供の計3人が法定相続人となっている場合には、500万円×3人=1500万円までが非課税ということです。
みなし相続財産の金額がこの式によって算出された金額を超えると、その部分が相続財産として扱われることになります。

みなし相続財産は全部で4つ

ここまで二つのみなし相続財産を見てきましたが、その他にも知っておくべきみなし相続財産があります。
それは、「被相続人が死亡する前の3年間で贈与された財産」「弔慰金」の二つです。

前者は、被相続人が死亡する直前に相続税を軽減するための贈与をすることを防ぐ目的で定められています。
後者は、元は非課税なのですが、それを良いことに多額のお金を弔慰金や葬儀料として節税しようとする行為が起こらないとは言えません。

そのため、そのような行為を防止するために、弔慰金もみなし相続財産として相続税の課税の対象とされているのです。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

  相続税の申告等、全く無知な私でチェスターさんの様なお仕事の業界がある事を全く知りませんでしたので、 今回のお仕事振りにどんなに有難く思いました事か、心より感謝致しております。 又、チェスターの平根様を御紹介下さった証券会社の■■様にも本 […]

①誠実に対応してくださり満足しています。 ②報酬に対してもわかりやすくて良かったです。 ③圧力的な感じがしなくて良かったです。 ④上から目線で話す高圧的な態度でなくて良かったです。 ⑤このようにアンケートを配布してくれる自身、誠実だと思います。

書類のやりとり等に関してその都度到着、入金などの連絡を入れて頂き確実に作業をすすめて下さいました。 書類の記入法についてもきめ細かい指示があり、父のような高齢者にも大変わかりやすかったです。(ありがとうございました。)

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る