相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

共同相続人とは何か?法定相続人との違いや共同相続時の注意点を解説

財産を所有していた方が亡くなり、相続が開始すると相続財産は相続人の共有財産となります。遺言がある場合は遺言どおりに、無い場合には話合い(遺産分割協議)により遺産を分割します。

この遺産の分割が終わるまでの状態を共同相続といい、財産を相続する相続人は共同相続人といいます。またその間、相続する財産は共同相続人間の共有財産という扱いになります。

今回はこの共同相続人と共同相続について、法定相続人との違いや注意点などを詳しくご紹介していきたいと思います。

1.共同相続人と共有財産

相続開始後、遺産分割が終了するまでの期間の遺産は相続人全員の共有財産となります。

共同相続人とは何か?法定相続人との違いや共同相続時の注意点を解説

相続人が1人の場合には共有財産となることはありませんが、相続人が複数いる場合には一時的に共有財産となり、共有財産を相続する複数の相続人を共同相続人といいます。また、複数の相続人で遺産を共有している状態は共同相続といいます。

共同相続人と法定相続人

法定相続人は相続が開始した際に相続する権利が発生する人を示し、民法の規定によって決められています。この法定相続人は、相続開始前の段階では推定相続人と呼ばれます。法定相続人と推定相続人は民法の規定で決められたものなので、誰が当てはまるか明確になっています。

一方、共同相続人は相続が開始してから遺産分割終了までの期間の一時的な呼び名であり、相続開始後でないと誰が共同相続人となるか確定することが出来ません。

これは、法定相続人には当てはまっても共同相続人には当てはまらない人がいたり、そもそも共同相続人がいなかったりする場合があるためです。例えば下記の場合等です。

  • ・遺言書がありその通りに相続を行う場合、遺産分割協議を行わないため共同相続人は存在しない
  • ・法定相続人が一人の場合、共同相続人は存在しない
  • ・法定相続人の一人が相続放棄をした場合、その人は遺産分割協議に参加しないため共同相続人にはならない
共同相続人とは何か?法定相続人との違いや共同相続時の注意点を解説

共同相続される共有財産の範囲

共有財産になる財産の範囲は遺産分割の対象となる財産を指します。

遺産分割の対象となる財産とは、不動産や現預金・株式などで、被相続人が生前保有していた財産がほぼ当てはまると考えて良いでしょう。

一方、相続財産の中に含まれる可分債権や負債などは遺産分割の対象とはならないため、共有財産とはなりません。
また、みなし相続財産となる死亡保険金や死亡退職金も受取人固有の財産ということで遺産分割の対象とならず、こちらも共有財産には含まれません。

参考記事:
債務は遺産分割ができない!?
生命保険は遺産分割の対象外

共同相続人とは何か?法定相続人との違いや共同相続時の注意点を解説 共同相続人とは何か?法定相続人との違いや共同相続時の注意点を解説

2.共同相続の注意点

遺産分割が終わるまでの間は共同相続となり、被相続人の財産は当該相続の相続人の共有財産という扱いになります。しかし、共同相続の状態では相続の手続き等において様々な問題があります。

なるべく早めに遺産分割協議を終わらせて共同相続状態を解消したいところですが、協議が長引いた場合に気を付けたい、共同相続の注意点を説明します。

共同相続の場合には被相続人の預金の払い戻しに手間がかかる

相続が発生すると、被相続人の預金口座は凍結されます。口座が凍結されれば、払い戻しはもちろんできません。基本的には遺産分割が終了するまでは凍結が解除されません。

事情があって共同相続の段階で被相続人の預金の払い戻しを行う場合にも、共同相続人全員の署名と印鑑証明が必要となるなど手間がかかります。

参考記事:死んだら勝手に口座凍結?!相続で凍結されても困らないための【対策と解除法】

「共同相続登記」は共同相続人一人でも行える

相続登記とは主に土地などを相続した場合に、被相続人から相続人に名義を変更することを言います。遺産分割が終わった後、その土地を相続することになった相続人が相続登記を行うことが一般的ですが、共同相続登記、つまり、共同相続の状態での相続登記も行うことが出来ます。また、この共同相続登記は、共同相続人の1人が他の相続人に伝えずに行うことも可能です。

共同相続登記が行われると、共同相続人全員が自分の法定相続分に対して固定資産税などの費用負担をする必要が出てきてしまうため注意が必要です。

共同相続の財産の管理行為は単独では出来ない

不動産などを共同相続した場合に、その不動産の維持のための行為などに関しては他の共同相続人の許可を得ること無く単独で行うことが可能です。また、賃料などに関しては、それぞれの持ち分で受け取ることが出来ます。

しかし、管理行為となる契約に関わる行為(入居者を募集するなど)を行う場合には持ち分の過半数の許可を得る必要があります。

被相続人の配偶者や、配偶者と子一人での相続の場合の子供は持ち分が過半数を超えているので他の共同相続人の許可を得ることなく行うことができますが、その他の場合は他の共同相続人の許可を得なければなりません。

共同相続の財産を売却等する場合には全員の許可が必要

上記でお伝えしたように、維持をするための行為は単独でも可能であり、管理をする行為も賛成者が持分の過半数であれば可能です。

一方で、売却や全く別の物に変えるという行為を行う場合には、共同相続人全員の許可が必要になります。

相続財産のほとんどが不動産で、売却しないと相続税の納税資金が得られないような場合には、早めに遺産分割を終わらせて各自の相続分を確定させた方が良いでしょう。

3.共同相続で相続登記を行わない方が良い

前の章でもご説明したように、遺産分割がなかなか終わらない場合などに共同相続でも相続登記をすることは可能です。しかし、共同相続で相続登記を行うと、登記した不動産の居住権、固定資産税、賃貸物件の場合は賃料などに関して様々な注意点が必要になります。

例えば、共同相続人のうちの一人が相続財産である家屋を単独使用する場合、他の共同相続人から使用料相当の不当利益返還請求をされる可能性があります。

また、とりあえず共同相続で相続登記をして、遺産分割後に改めて相続登記をするという方法にすると、手続きを2回行う事になり、登記費用も2回支払うことになります。

相続登記には期限がありませんので、遺産分割を行った後に相続登記を行ったほうが良いでしょう。しかし、相続登記に関しては他の共同相続人が勝手に登記することもできるので、やはり早めに遺産分割を終わらせることをオススメします。

まとめ

相続開始直後、被相続人の財産は共同相続人の共有財産とみなされる共同相続の状態になります。共同相続の状態を解消するためには、遺産分割を行う必要があります。

共同相続の状態でも相続登記を行うことも出来ますし、共同相続人全員の同意があれば預金を引き出すことも可能です。しかし、共同相続のままにしておくとトラブルの原因となる可能性が高くなります。

相続開始後はやるべきことがたくさんありますが、1日でも早く遺産分割を行い、共同相続状態を解消するようにしましょう。

【遺産分割に関する関連記事】
遺産分割でもめないために【遺産分割協議とは?】
相続の登記をするときには、必ず必要になる遺産分割協議書の3つのポイント
申告期限までに遺産分割協議がまとまらない場合の対策とは?

【遺産相続にまつわるトラブルを回避する方法】
相続争いで兄弟の関係が泥沼化!兄弟が相続でもめる原因とは?
相続が争族に。遺産相続のトラブルの原因を知ることで争族を回避しよう!

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続税の申告期限まで日数の無い中、迅速・正確な対応をいただき感謝しております。 また、分からない点についても丁寧にご回答いただき、安心してお任せする事ができました。 今後も税務相談等でお世話になりたいと考えております。ありがとうございました。

前回も担当して頂きました。 とてもとてもていねいに対応して頂き、本当に信頼がおける方でしたので今回もお願いしました。 ありがとうございました。

相続専門の税理士法人であること、又、ホームページが見やすく業務の流れや報酬体系が明確だったことで、相続手続きを依頼しました。 毎回メールや電話で迅速かつ、丁寧な対応をして頂きました。 膨大な資料をまとめたファイルも作成して頂き、ありがとうございました […]

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る