年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

共同相続は早めに解消した方がよい?共同相続人と共有財産について

共同相続は早めに解消した方がよい?共同相続人と共有財産について

財産を所有していた方が亡くなり、相続が開始すると相続財産は相続人の共有財産となります。遺言がある場合は遺言どおりに、無い場合には話合いにより遺産を分割します。

この遺産の分割が終わるまでは、財産を相続する相続人は共同相続人となり、相続する財産は共有財産という扱いになります。

今回はこの共同相続人と共有財産について詳しくご紹介していきたいと思います。

1.共同相続人と共有財産

相続開始後、遺産分割が終了するまでの期間の遺産は相続人全員の共有財産となります。

共同相続は早めに解消した方がよい?共同相続人と共有財産について

相続人が1人の場合には共有財産となることはありませんが、相続人が複数いる場合には、一時的に共有財産となり、共有財産を相続する複数の相続人を共同相続人と言います。

(1)共同相続人と法定相続人

法定相続人は相続が開始した際に相続する権利が発生する人を示し、民法の規定によって決められています。法定相続人は相続開始前の段階では推定相続人となり、ある程度、誰が法定相続人になるか検討をつけることが出来ます。

一方、共同相続人は相続が開始した後、遺産分割終了までの期間となり、相続開始後でないと誰が共同相続人となるか確定することが出来ません。

また、推定相続人の中で相続放棄を行った人がいる場合、その人は法定相続人にはなりますが、共同相続人とはなりません。

共同相続は早めに解消した方がよい?共同相続人と共有財産について

(2)共有財産の範囲

共有財産になる財産の範囲は遺産分割の対象となる財産を指します。

相続財産の中には、可分債権や負債などは遺産分割の対象となりません。また、みなし相続財産となる死亡保険金や死亡退職金も受取人固有の財産ということで遺産分割の対象となりません。

共同相続は早めに解消した方がよい?共同相続人と共有財産について 共同相続は早めに解消した方がよい?共同相続人と共有財産について

 

2.共有財産の注意点

遺産分割が終わるまでの間、被相続人の財産は当該相続の相続人の共有財産という扱いになります。しかし、共同相続のままにしておくと様々な問題が浮上します。

(1)共同相続の場合には被相続人の払い戻しに手間がかかる

相続が発生すると、被相続人の預金口座は凍結されます。口座が凍結されれば、払い戻しはもちろんできません。基本的には遺産分割が終了するまでは凍結が解除されません。

共有財産の段階で、被相続人の預金の払い戻しを行う場合には、共同相続人全員の署名と印鑑証明が必要となります。

(2)単独相続分は早めに登記を行う

相続登記とは主に土地などを相続した場合に、被相続人から相続人に名義を変更することを言います。名義変更となると自分の相続した分に関しての登記と考えがちですが、

共同相続人の1人が他の相続人に伝えずに共同相続登記を行うことが出来ます。

共同相続登記が行われると、共同相続人全員が自分の法定相続分に対して、固定資産税などの費用負担をする必要が出てきてしまいます。

(3)共同相続の財産の管理行為は単独では出来ない

不動産などを共同相続した場合に、その不動産の維持のための行為などに関しては他の共同相続人の許可を得ること無く単独で行うことが可能です。また、賃料などに関しては、

それぞれの持ち分で受け取ることが出来ます。

しかし、管理行為となる契約に関わる行為(入居者を募集するなど)を行う場合には持ち分の過半数許可を得る必要があります。

被相続人の配偶者など持ち分が過半数を超えているようであれば、他の相続人の許可を得ることなく行うことができます。

(4)共同相続の財産を売却等する場合には全員の許可が必要

維持をするための行為は単独でも可能、管理をする行為は過半数が必要ですが、売却や全く別な物に変えるという行為を行う場合には、共同相続人全員の許可が必要になります。

3.共同相続で相続登記を行わない方が良い

上記でもご説明しましたが、共同相続でも相続登記をすることは可能です。しかし、共同相続で相続登記を行うと、様々な注意点が必要になります。

また、とりあえず共同相続で相続登記をして、遺産分割後に改めて相続登記をするという方法にすると、手続きを2回行う事になり、費用も2回支払うことになります。

相続登記には期限がありませんので、遺産分割を行った後に相続登記を行ったほうが良いでしょう。しかし、相続登記に関しては他の共同相続人が勝手に登記することもできるので、

やはり早めに遺産分割を終わらせることをオススメします。

まとめ

相続開始直後、被相続人の財産は共同相続人の共有財産となります。共有財産の状態を解消するためには、遺産分割や遺言の執行を行う必要があります。

共有財産の状態でも相続登記を行うことも出来ますし、共同相続人全員の同位があれば預金を引き出すことも可能です。しかし、共有財産のままにしておくとトラブルの原因となる可能性が高くなります。

相続開始後はやるべきことがたくさんありますが、1日でも早く遺産分割や遺言執行を行い、共有財産の状態を解消するようにしましょう。

【遺産分割に関する関連記事】

遺産分割でもめないために【遺産分割協議とは?】

相続の登記をするときには、必ず必要になる遺産分割協議書の3つのポイント

申告期限までに遺産分割協議がまとまらない場合の対策とは?

【遺産相続にまつわるトラブルを回避する方法】

もはや他人事ではない?!年間1万件も起きている相続争い

相続が争族に。遺産相続のトラブルの原因を知ることで争族を回避しよう!

関連性が高い記事

生命保険は遺産分割の対象外

生命保険は遺産分割の対象外 生命保険の保険金は相続財産とは離脱して取り扱われます。 生命保険をうまく利用することで、相続をスムーズに進めることも可能になります。 相続の対象財産を考える場合に問題になるのが生命保険です。 正確には相続に関係するのは、保 […]

相続手続きで必要な『戸籍一式』『遺産分割協議書』『印鑑登録証明書』

ほぼ全ての相続手続きで必要となる書類関係は共通しています。 まず、「戸籍一式」です。 亡くなった方(被相続人)の財産を取得する権利を有する相続人を確定させるために必要となる書類です。まず、被相続人の出生から死亡までの連続した戸籍が必要となります。また […]

相続では遺産分割協議書の作成が必要?

相続では遺産分割協議書の作成が必要? 遺産分割協議後に作成される遺産分割協議書ですが、この作成は相続において必ず必要なのでしょうか。 相続財産があり、それを相続する前提で行われる遺産分割協議の協議書ですから、作成は必要です。 それは、財産相続後に各相 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る