年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

契約に基づかない定期金にかかる相続税

契約に基づかない定期金にかかる相続税

契約に基づかない定期金にかかる相続税

相続税法の中で、見なし相続財産の項目の中に「契約に基づかない定期金に関する権利」という記述があるのですが、この「契約に基づかない定期金に関する権利」と言うものにはどういったものがあるのでしょうか?

たとえば、退職年金の受給中に受給者が亡くなった場合、その家族が継続して残りの年金を受け取ることになるとします。

すると、新しく受給者となった家族は直接その年金の契約をしているわけではなく、受給権を被相続者から譲り受けたという形になるので、それは契約に基づかない定期金と見なされ、その権利には相続税が加算されることになります。

ほかに、これと同様に契約に基づかない定期金に関する権利と見なされるものの中には、国家公務員共済組合法によって定められている遺族年金や、地方公務員等共済組合法によって定められた遺族年金、厚生年金法の規定による遺族年金などが上げられます。

これらは、その法律の中に非課税の規定があらかじめあるため、原則として非課税になります。

関連性が高い記事

相続した株式に関わる配当金は相続財産に該当するのか!?

亡くなった方が株式等を持っていた場合において、その株式等に係る配当については相続財産に該当するのでしょうか。また、そもそも配当自体を受け取ることができるのでしょうか。 1.亡くなった方名義の株式の配当金はもらえるのか まず、亡くなった方名義の配当金が […]

立木の相続税評価についての基礎知識と評価方法

家の庭に木が立っていた場合に、いわゆるその「立木」を相続財産として計上すべきか、計上する場合には立木の相続税評価はいくらになるのかと悩まれる方も多いと思います。この記事では立木の相続税評価についての基礎知識と相続税評価の方法を解説していますので参考に […]

未収配当の相続

相続税の計算において含める必要があるかどうか 相続財産に株式がある場合で、相続開始時点で株式の配当金をまだ受け取っていない場合にも、相続財産に計上されるのでしょうか。 株式の配当金は、相続開始時点ではまだ確定していないものの、後に株主総会で確定します […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る