相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

株券喪失登録請求書とは

株券喪失登録請求書とは

株券喪失登録請求書とは、紛失・焼失などで株券を喪失した者が会社に対してその事実を知らせるための請求書です。

では、どのように申請すればいいのでしょうか。

請求を行う者が株券の名義人である場合、株券を喪失した事実を証明する資料が必要です。

これには、警察署や消防署等がはっこうする「盗難届証明書」「遺失届証明書」「焼失届証明書」「罹災届証明書」などが含まれます。

請求者が名義人ではない場合、これに併せて株券取得の事実を証明する資料の提出が求められます。

証券会社発行の「売買証明書」と証券取引所発行の「受渡証明書」、または売買日付が記載された「売買契約書」などがこれに相当します。

さらに、本人確認書類として「印鑑証明書」や「住民票」なども必要となります。

これらの書類が受理されると、喪失登録簿に記載され、その登録日の翌日から1年経過すると喪失した株券は無効となります。

喪失した株券が無効にならなければ、株券の再発行を請求することはできません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

適格に指示をいただき、タイムリーに情報及びまとめを行っていただいた。又窓口の方は話しやすく、途切れる事なく最終に持っていただき有難かった。

⑴当方の作業に関して的確な指示をいただいたことと、疑問点に関して迅速に回答していただいたことが良かった。 ⑵母の名義株式・名義預金に関する問題点を解決していただいたことと、不動産の評価に関して詳細な調査をしていただいたことが良かった。 ⑶相続税の申告 […]

何もわからなかったんですが、とても親切に丁寧な対応をして頂き感謝しております。 ありがとうございました。又、何かありましたら、よろしくお願い致します。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る