年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

株券喪失登録請求書とは

株券喪失登録請求書とは

株券喪失登録請求書とは

株券喪失登録請求書とは、紛失・焼失などで株券を喪失した者が会社に対してその事実を知らせるための請求書です。

では、どのように申請すればいいのでしょうか。

請求を行う者が株券の名義人である場合、株券を喪失した事実を証明する資料が必要です。

これには、警察署や消防署等がはっこうする「盗難届証明書」「遺失届証明書」「焼失届証明書」「罹災届証明書」などが含まれます。

請求者が名義人ではない場合、これに併せて株券取得の事実を証明する資料の提出が求められます。

証券会社発行の「売買証明書」と証券取引所発行の「受渡証明書」、または売買日付が記載された「売買契約書」などがこれに相当します。

さらに、本人確認書類として「印鑑証明書」や「住民票」なども必要となります。

これらの書類が受理されると、喪失登録簿に記載され、その登録日の翌日から1年経過すると喪失した株券は無効となります。

喪失した株券が無効にならなければ、株券の再発行を請求することはできません。

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

関連性が高い記事

信託受益権の相続税評価

信託受益権の相続税評価 信託受益権とは、信託財産から生じた利益を受け取る権利のことをいいます。 信託とは、第三者(実際には銀行や信託会社など)に財産の所有権を移転させて、第三者が運用することを託す契約をいいます。 つまり、資産の運用を第三者に任せると […]

証券投資信託【受益証券】の相続税評価

証券投資信託においての受益証券の評価というのは、一体どのようにされるのでしょうか?それは、課税時期で解約の際に行う請求、または買い取りを行う際の請求によって、証券会社などから支払いを得ることが可能な価額で、評価は①~②のようになります。 証券投資信託 […]

個人向け国債の相続税評価

個人向け国債とは 個人向け国債(個人向け利付国庫債券)は、日本国が発行している国債であり、その購入者は個人に限定されており上場はされていません。 利払いは年2回、発行月と発行月の半年後の月の各10日に支払われます。 原則として中途換金は発行後1年を経 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る