相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

暦年贈与とは

1.贈与とは

贈与とは、一方が自己の財産を無償で相手に与えることを内容とする契約をいいます。契約であるため双方の合意が必要となります。口頭での契約であっても成立しますが、口頭の場合には既に履行している部分を除きいつでも撤回できてしまいます。また、認知症などの意思能力のない者との贈与契約も無効とされる可能性があります。したがって、贈与を行う場合には、書面での贈与を心がけ、当事者の意思能力の有無の確認は必須となります。

2.暦年贈与

 暦年贈与というのは、法律用語ではなく一般的に用いられている通称となります。暦年課税による贈与という言葉が省略されて暦年贈与と言われています。この暦年贈与は相続税の節税対策として一般的に行われています。1年間110万円までの贈与には贈与税がかかりませんので配偶者、子、孫に対して毎年贈与をすることにより、自己の財産を減らし、結果として相続税の節税に繋がります。

 この贈与も適正に行わないと税務当局から名義預金として認定されることがあるので注意が必要です。適正な贈与のコツは下記となります。

① 贈与契約書の作成

当事者同士で贈与の意思を明確に把握するため、税務署に対する立証のためにも贈与契約書を書面で作成しましょう

② 贈与は預金を通して

贈与は現金ではなく、客観的な記録が残る預金で実行しましょう

③ 贈与後の預金の支配管理

贈与した後の預金は受贈者(子や孫)が自由に使えるような状態にしておきましょう。贈与後も引き続き通帳や印鑑を贈与者(親)が管理してしまうと贈与が成立していないと税務署から認定される可能性があります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続については分からない事ばかりでしたが、分かりやすく親切に教えて頂き、 処理も迅速に行って頂き、ありがとうございます。

すべてがスピーディで、電話応対もわかりやすくていねいでした。 こまかな数字の出入りの理解が適確で、安心してお任せする事ができました。 まことに有難うございました。御社のますますのご繁栄を心よりおいのりいたしております。

わかり易く親切に対応していただきました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る