相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

存続期間の定めのない永小作権とは

存続期間の定めのない永小作権とは

永小作権の存続期間は20年以上50年とされています。

設定行為で50年より長い期間を定めたときであっても、その期間は50年に短縮されます。

永小作権の設定は更新することができますが、その存続期間は更新の時から50年を超えることができません。

また、農地又は採草放牧地の賃貸借の存続期間等について定めた農地法19条・20条の規定は永小作権には適用されません。

存続期間の定めのない永小作権の価額は、存続期間を30年とみなして、相続税法第23条≪地上権及び永小作権の評価≫又は地価税法第24条≪地上権及び永小作権の評価≫の規定によって評価します。

設定行為で存続期間を定めなかった場合は、別段の慣習がある場合を除き存続期間は30年となります。

つまり、存続期間を契約で定めなかったときは、慣習があればまずそれに従い、もし慣習がなければ、当事者の請求によって裁判所が20年以上50年以下の範囲で定めることになっています。(民法268条2項)

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料相談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続の手続は大変だと聞いていました。 そんな中、相続税申告の流れを説明していただき必要資料についても 電話のやりとりでスムーズに用意する事が出来ありがとうございました。

迅速な対応、こまめなご連絡をいただき安心して任せられました。ありがとうございます。

とても親切で、素人ではじめての私にも解りやすく、説明してくださいました。 また、こちらの質問に対しても、とてもていねいに答えてくださいました。 本当に助かりました。有り難うございました。 また、何か有った時には宜しくお願い致します。

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る