年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

存続期間の定めのない永小作権とは

存続期間の定めのない永小作権とは

存続期間の定めのない永小作権とは

永小作権の存続期間は20年以上50年とされています。

設定行為で50年より長い期間を定めたときであっても、その期間は50年に短縮されます。

永小作権の設定は更新することができますが、その存続期間は更新の時から50年を超えることができません。

また、農地又は採草放牧地の賃貸借の存続期間等について定めた農地法19条・20条の規定は永小作権には適用されません。

存続期間の定めのない永小作権の価額は、存続期間を30年とみなして、相続税法第23条≪地上権及び永小作権の評価≫又は地価税法第24条≪地上権及び永小作権の評価≫の規定によって評価します。

設定行為で存続期間を定めなかった場合は、別段の慣習がある場合を除き存続期間は30年となります。

つまり、存続期間を契約で定めなかったときは、慣習があればまずそれに従い、もし慣習がなければ、当事者の請求によって裁判所が20年以上50年以下の範囲で定めることになっています。(民法268条2項)

関連性が高い記事

借家権割合とは

借家権割合とは 借家権という言葉だったら聞いたことがある人も多いかもしれませんが、借家権割合と言うと、初めて耳にする人の方が多いんじゃないでしょうか?相続に関するお仕事をしている人でなければ、実際普通の生活で使うことはまずないのではないかと思います。 […]

相続税申告実務における「通常の地代」の計算方法

相続税の事について調べていると、土地等の相続において「通常の地代」という言葉がちらほらと登場します。 この通常の地代というのは、何のことを指すのでしょうか。また、どの程度の金額の事を「通常の地代」というのでしょうか。 1.通常の地代とは 通常の地代と […]

地上権の相続税評価

地上権の相続税評価 地上権とは、他人所有の土地に対して、工作物または竹木所有のために設定する土地利用権をいいます(民法第265条)。 また、地上権の一種として、地上または地下の一部を工作物所有のために利用することを許諾した権利である区分地上権という権 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る