相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

未収配当の相続

相続税の計算において含める必要があるかどうか

相続財産に株式がある場合で、相続開始時点で株式の配当金をまだ受け取っていない場合にも、相続財産に計上されるのでしょうか。

株式の配当金は、相続開始時点ではまだ確定していないものの、後に株主総会で確定します。相続開始の時点では、この株価は配当落ちになっています。

これに対応する未収の配当金は、配当期待権ということになります。配当期待権とは、配当金交付日の翌日から株主総会の決議までの間に配当金を取得する権利のことを言います。この配当期待権に相続税が課税されます。

国税庁の公示する法令解釈通達の財産評価基本通達第193によると、“配当期待権の価額は、課税時期後に受けると見込まれる予想配当の金額から当該金額につき源泉徴収されるべき所得税の額に相当する金額を控除した金額によって評価する。”となっています。

配当の基準日よりも後に相続開始しているのなら、配当期待権として相続財産に計上し、配当効力発生日を過ぎていると未収配当金として計上します。

【具体例】

相続開始日:平成24年4月5日
配当基準日(決算期):平成24年3月末

このようなケースですと、配当基準日である3月末において被相続人が株式の所有者となっており、配当を本来受け取る権利は被相続人に帰属します。

かつ、相続開始日時点ではまだ受け取っていない段階ですので、配当期待権という形で相続財産に計上する必要があります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

申告にあたっては、こんなに細かい点まで調べなければならないのかと、逆に関心させられました。 税務調査に来る可能性が少ないという事も納得です。いろいろと有難うございました。

HPの問合せから丁寧に対応して頂きました。税務処理も滞りなく進み、当方の相談にも親切丁寧にお答え頂き、不安や悩みなどの解消に繋がりました。心より御礼申し上げますと共に、貴社のご発展をお祈り申し上げます。

家族間の考えの違いを埋める様、コミュニケーションを図っていただけた。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る