相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

採草放牧地の地目

採草放牧地の地目

採草放牧地とは、農地(耕作を目的とした土地)以外の土地で、耕作のための採草を目的としている土地、または、養畜のための家畜の放牧を目的とした土地のことをいいます。

農地法上の分類では、「採草放牧地」という地目(使用目的による土地の種類区分)があるのですが、困ったことに、不動産登記法では、「採草放牧地」という土地の区分がありません。

土地の相続税評価の際には、まずその土地を地目ごとに分類し、その区分にしたがってそれに応じた評価方法で評価しなければなりません。

ところが、課税評価はその土地の登記簿に基づいて行います。

すると、評価するための地目があやふやになってしまいます。

では、採草放牧地は、課税評価の際にはどの地目に該当するのでしょうか。

通常は、原野または牧場のどちらかの地目に判定されます。

どちらに判定されるかは、課税時点での現状を見て判定されることになります。

同じ土地なのに、法律が違うと名前が変わってしまうなんて、複雑でわかりづらいですね。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料相談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

丁寧に対応して下さって感謝しております。 どうもありがとうございました。

一度だけ相互の連絡不徹底から同一書類をお互いに待っている事があったが、全体として申告期限まで短期間の中で丁寧、正確なサービスを提供して頂けたと満足しております。

長い間大変お世話なりありがとうございました。 又、何かありましたらお世話になると思います。 その時は宜しくお願いいたします。 田代様、生子様には大変お世話になりました。

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る