年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

採草放牧地の地目

採草放牧地の地目

採草放牧地の地目

採草放牧地とは、農地(耕作を目的とした土地)以外の土地で、耕作のための採草を目的としている土地、または、養畜のための家畜の放牧を目的とした土地のことをいいます。

農地法上の分類では、「採草放牧地」という地目(使用目的による土地の種類区分)があるのですが、困ったことに、不動産登記法では、「採草放牧地」という土地の区分がありません。

土地の相続税評価の際には、まずその土地を地目ごとに分類し、その区分にしたがってそれに応じた評価方法で評価しなければなりません。

ところが、課税評価はその土地の登記簿に基づいて行います。

すると、評価するための地目があやふやになってしまいます。

では、採草放牧地は、課税評価の際にはどの地目に該当するのでしょうか。

通常は、原野または牧場のどちらかの地目に判定されます。

どちらに判定されるかは、課税時点での現状を見て判定されることになります。

同じ土地なのに、法律が違うと名前が変わってしまうなんて、複雑でわかりづらいですね。

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

関連性が高い記事

山林の相続税評価

山林の相続税評価 土地は不動産登記法や不動産登記法事務取扱手続準則により、用途によって細かく分類されています。 具体的には、宅地や農地、山林、原野、牧場、雑種地に分類されます。 そして、土地に相続があった場合には国税庁の定める財産評価基本通達に基づき […]

保安林の相続税評価方法

保安林とは 保安林とは、水源のかん養、土砂の崩壊その他の災害の防備、生活環境の保全・形成等、特定の公共目的を達成するため、農林水産大臣又は都道府県知事によって指定される森林をいいます。 保安林では、それぞれの目的に沿った森林の機能を確保するため、立木 […]

森林簿とは

森林簿の申請方法 森林簿は、その森林が存在する自治体、または森林組合等で申請し、写しをもらうことができます。 各自治体等により異なりますが、申請する際は、申請書と共に固定資産評価額通知書または課税台帳を提出します。 相続の場合には、戸籍謄本などの所有 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る