相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

損害賠償金は相続の対象となりますか

損害賠償金は相続の対象となりますか

損害賠償金は相続の対象になるかどうかですが、被害者が死亡した事によって支払われる損害賠償金は、相続ではなく、遺族の方の所得となるため所得税の対象となります。

なお、法律上思いがけない損害の補填である損害賠償金については非課税となり、所得税がかからないことになっています。

ようするに、相続税も所得税も、かからないということです。

また、交通事故の加害者から遺族が損害賠償金を受けたときの相続税の取扱いは次のとおりになっております。

損害賠償金には、慰謝料や逸失利益の補償金(交通事故にあった被害者が生きていれば、得られていたはずの所得の補償金)などがあります。

また、死亡事故の場合には父母、配偶者、子供は相続による損害賠償請求の他にも、遺族固有の慰謝料というものも請求ができます。

なお、被相続人が生存中、損害賠償金を受け取ることに決まっていたが、その損害賠償金を受け取らないうちに死亡してしまったという場合においては、その損害賠償金を受け取る権利は相続財産となります。

よってこの場合は、相続税の対象となります。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料相談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続税の申告は初めての経験で不安でしたがとても丁寧に対応していただき、 安心してお願いすることができました。大変お世話になり、有難うございました。

この度は、本当にお世話になりありがとうございました。 困難な課題が多々ありましたが、ひとつひとつ丁重に誠実にご対応して頂きました。大変だったと思います。 相談事にも快く対応して頂き心強く安心できました。個々の判断も敏速かつ的確でした。 本当にありがと […]

すべてがはじめての事だったので最初はとても不安でしたが、適切なアドバイスをいただき不安もなくなりました。全てがスムーズにすすめられ本当に助かりました。 亡くなった妻もきっと感謝しています。ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る