相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続人いない場合

相続人いない場合

相続が発生した際、その財産を相続する権利を持つ相続人がいない場合、これらの財産はどうなるのかと言うことをここでお話します。

相続税法においては、被相続人の配偶者、子、兄弟姉妹、親などが相続権を持っている法定相続人として定められています。

しかし、これらの法定相続人がすでに亡くなっていたり、被相続人が未婚のために配偶者や子がいなかったり、というケースも稀にあります。そう言った場合は、どのようになるのでしょうか。

まず、相続人が見当たらない場合、特別縁故者、つまり被相続人の生前に特別な関係にあった人物(たとえば介護をしていた、生計を共にしていた等)が、相続人に名乗り出るよう呼び掛け、その間に財産を管理する人を決定してもらうよう家庭裁判所に請求します。

一定期間が過ぎても相続人が名乗り出ない場合には、家庭裁判所の判断のもとに、特別縁故者がその財産の一部またはすべてを相続することができます。

これらの手続きを経て、まだ財産が余っている場合には、それらはすべて国庫に帰属することになります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

丁寧な説明と御指導により老人にも理解できる事があり感謝致して居ります。 最後にわかりやすく分類していただいた相続税申告書、これからも役立つ事と思います。

相続手続きについてその手順、要点を分かり易く説明して下さり、こちらの理解も深まりました。また必要な資料収集、整理等についても作業がスムーズに捗り大変ありがたかったです。担当者が男女二人おられた点も場の雰囲気が和らぎ、話し易く良かったと思います。

説明が丁寧で業務が迅速でした。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る