相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

連帯保証人の債務控除

連帯保証人の債務控除

被相続人が死亡した後、相続人に引き継がれるものは財産、資産といったプラスのものだけでなく、保証債務といったマイナスのものもあります。

債務者がその債務を履行しない場合に、かわってその責任を負う保証人の債務のことを保証債務といいます。

被相続人が残してしまった借り入れ金ならば相続発生時にその存在と金額を確認できますが、保証債務に関しては生前被相続人自らが周囲に伝えていないと、相続人はその存在を知ることが出来ず、ある日突然債権者から支払いを要求されるということもあるのです。

本人の借入金ならまだしも、相続人もその保証責務を引き継ぐことに納得できない方も多いのではいでしょうか。

どうにかして債務控除にならないかと策を練るでしょう。

原則として「確実と認められる債務」、例えば借入金などに関しては相続税計算上、資産総額から差し引くことができます。

一般に連帯保証人としての債務控除は受けられません。

しかし逆に言えば「確実と認められる債務」は控除されるのですから、債務についてもそれを証明できれば控除の対象になります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

期限の迫った申告でしたが、迅速に対応頂き、頼もしかったです。ありがとうございました。

とても丁寧でわかりやすい説明をしていただきありがとうございました。

初めての相続でしたが、様々な適切なアドバイスをいただきありがとうございました。 おかげさまで、無事、税務署への申告が終わりほっとしております。 知り合いにも御社をおすすめしたいと思います。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る