相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続人が不存在の場合

相続人が不存在の場合

相続が開始され、法定相続人が不存在であった場合被相続人の遺産はどうなるのでしょうか。

相続人不存在となる場合は、いくつかあります。

まず一番わかりやすいのは、被相続人の出生から死亡までの戸籍を確認しても明らかに相続人が存在しない場合です。ケースは少ないですが、全くないとは言い切れませんね。

このような場合以外であれば、法定相続人の全員が相続放棄をした場合です。

相続放棄をしたのですから、法定相続人は相続の義務は負いません。相続人不存在となります。また、相続放棄していなくとも相続人全てが相続資格を失っている場合です。

相続資格を失うのは、相続欠格や推定相続人の排除にあたる場合です。

注意して頂きたいのは、戸籍上に相続人が存在するがその相続人の行方がわからなかったり、失踪しているという場合は相続人不存在には当たりません。

このように相続人が不存在となった相続においては、相続人捜索などの経過を取り、それでも相続人が現れない場合に相続人の不存在が確定されます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

納税を終える事が出来ました。ありがとうございました。 当初の進展に不安がありましたが、直通電話の対応等で安心いたしました。  

面接、電話等、とても丁寧にご対応くださいました。 どうもありがとうございました。

申告期限が近くなってからの依頼だったが、迅速に対応して頂き余裕を持って申告できた。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る