年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

遺産を相続したら必ず相続税は発生するの?相続税を計算しよう

遺産を相続したら必ず相続税は発生するの?相続税を計算しよう

遺産を相続するにあたり、相続税が発生するのかしないのかは重要なポイントとなります。相続税が発生するのだとしたら、いったいいくらかかるのかも事前に知っておきたいですよね。

今回は相続税の計算方法をしっかりとご紹介します!

1.遺産総額を確認しよう!

遺産を相続したら必ず相続税は発生するの?相続税を計算しよう

遺産総額は被相続人が残した遺産の合計になります。注意したい点としては、遺産は預貯金や不動産、有価証券等のプラスの財産だけではなく、借金等のマイナスの財産も含まれるということです

遺産の範囲については下記をご参照ください。

どこまでが遺産!?相続が発生したら遺産の調査をしましょう!!

遺産総額を確認した結果、相続税の前に借金ばっかりだった!!もしくは借金の方が多い!!となる可能性があります。その際は、相続放棄という選択も視野に入れておきましょう。

遺産を相続したら必ず相続税は発生するの?相続税を計算しよう

相続放棄についてより詳しく確認したい方は下記をご参照ください。

相続放棄をする時に必要な知識とは?早めの判断が重要!?

放棄すればいいってもんじゃない?知って得する相続放棄の知識8選

5分でマスター!相続放棄でおさえておきたい7つのポイント

2.法定相続人と相続人

遺産総額が確認できたら、今度は誰が相続するのかを確認する必要があります。

相続には「法定相続人」と「相続人」という言葉が出てきます。

遺産を相続したら必ず相続税は発生するの?相続税を計算しよう 遺産を相続したら必ず相続税は発生するの?相続税を計算しよう

法定相続人は財産を相続する権利を持っている人を言います。そのため、相続放棄をしていたとしても法定相続人であることは変わらないということになります。

一方、相続人は実際に財産を相続する人となります。基本的には法定相続人=相続人と覚えても問題ないでしょう。

【相続人の順位】

被相続人に配偶者がいる場合、偶者は必ず相続人となります。配偶者以外の相続人には順位があります。

遺産を相続したら必ず相続税は発生するの?相続税を計算しよう

相続人についてより詳しく確認したい方は下記をご参照ください。

相続人は誰?相続する順位をくわしく解説!これを見れば、誰でも相続人が誰になるかがわかります。

あなたはいくら貰える?知っておくべき遺産の相続分8つのポイント

3.相続税の計算方法

遺産総額と法定相続人を把握したら、相続税を計算してみましょう。

遺産を相続したら必ず相続税は発生するの?相続税を計算しよう

(1)各相続人の課税価格を計算する(上記図①②)

遺産を相続したら必ず相続税は発生するの?相続税を計算しよう

算出式は上記の通りです。それぞれの相続人の課税価格を算出し、それを合計したものが課税価格合計となります。

*死亡3年以内の贈与財産*

駆け込み贈与の防止対策と言われていますが、被相続人の亡くなる3年前以内の贈与は相続税の対象となります。そのため、過去3年以内に贈与があった場合はその贈与金額を加算しておく必要があります。

(2)相続税総額を算出する

① 課税遺産総額の算出(上記図③)

相続税を計算するために、相続税の課税対象となる遺産総額を算出します。

遺産を相続したら必ず相続税は発生するの?相続税を計算しよう

② それぞれの相続税を計算(上記図④⑤)

相続人の法定相続分に税率をかけて計算します。

遺産を相続したら必ず相続税は発生するの?相続税を計算しよう

相続税の税率と控除額は下記の表を参考にしてください。

遺産を相続したら必ず相続税は発生するの?相続税を計算しよう

【例】

課税価格1億円で配偶者と子2名が相続人の場合でそれぞれの相続税額を計算してみましょう。

遺産を相続したら必ず相続税は発生するの?相続税を計算しよう

(4)納付額を計算する

(3)で算出された数字が相続税額となりますが、その通りに納付するわけではありません。相続税には控除と加算があります。

該当する場合には算出された相続税に加算や控除を行い、納める税額が確定します。

遺産を相続したら必ず相続税は発生するの?相続税を計算しよう

先ほどの例で考えてみましょう。せっかくなので、子の1人が15歳だったとします。適用される控除は配偶者控除と未成年者控除です。

遺産を相続したら必ず相続税は発生するの?相続税を計算しよう

このように、税額控除が適用されると相続税が大幅に下がります。見てもらうとわかるように、相続人に配偶者がいるかいないかが大きなポイントと言えます。

相続税の税額控除については下記に詳しく記載しています。相続税対策一緒にまとめてありますので参考にしてみてください。

相続税7つの控除と6つの対策!相続税対策のまとめ

4.相続税を払う人?払わない人?

計算方法をお伝えしてきましたが相続税が発生しそうですか?相続税が発生した場合は相続税を納付する必要がありますので、相続税の申告が必要です。

相続税はゼロだっから相続税の申告も必要ないわと安心されている方は、ちょっと待ってください!

(4)の納付額の計算で、相続税の控除対象に適用された結果「相続税がゼロ」になった場合は、相続税の申告が必要です。

相続税の申告を行わないと控除が適用されなくなってしまいます。控除の適用がある方は必ず相続税の申告をこなってくださいね。

遺産を相続したら必ず相続税は発生するの?相続税を計算しよう

相続税がかからない人でも相続税の申告が必要?

まとめ

さて、今回は相続税の基礎となる相続税の計算について確認してみました。

相続税がゼロの場合は相続税を支払う必要はありません。しかし、相続税の申告はゼロだからしなくてよいとは限らないという点を覚えて置いてください。

今回の記事と少し重なりますが、ざっくりと相続税を算出した内容が記載されていますので併せてご活用ください。

相続税はどれくらい?基本パターンで相続税額を理解しよう

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

関連性が高い記事

相続税の計算の端数処理について

相続税の計算の端数処理について 相続税の計算について端数が生じた場合の処理については、相続税基本通達において規定があります。具体的には、以下のように規定されています。 (課税価格の端数計算) 16−2 相続又は遺贈(当該相続に係る被相続人からの贈与に […]

相続税を計算する上での按分割合

相続税の計算と按分割合について 按分割合は相続税の計算で必要な数字の一つになります。相続税の計算では初めに被相続人の課税価格を算出します。残した財産から債務や葬儀費用などを差し引いた額が課税価格となります。相続税の総額は課税価格から基礎控除額を引いた […]

相続税早見表

相続税の計算は他の税目に比べ非常に煩雑です。計算の流れを確認してみましょう。 まず、各相続人の課税価格を算出します。 算式としては、 『その相続人が相続又は遺贈で取得した財産 + 生命保険などのみなし相続財産 - 墓地などの非課税財産 + 相続時精算 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る