相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

みなし贈与財産とは

みなし贈与財産とは

みなし贈与財産とは、財産の贈与があったとみなす、つまり本人同士の意識するところではなくても、そこに実際には財産の贈与があったとみなすという事です。

そもそも、本来の贈与について民法では『当事者の一方が自己の財産を、無償で相手方に与える意思表示をして、相手方が受諾することによって、その効力を生ずる契約である』とのべています。

これに対して、みなし相続財産とは、本来の財産贈与ではなくても、そこに実質的にぞうよを受けたような利益があった場合に、贈与があったとみなすという事です。

もちろん、当人も意識していないところでこのような件が発生している場合も多く、注意が必要です。

たとえば、時価の非常に高い住宅を、時価よりも非常に安い価格で購入した場合に、その差額については贈与があったとみなされ、そこに税金が課されることになります。

ほかにも、自分名義でない保険金を、無償で受け取ったりした場合にも、そこに贈与があったとみなされ、みなし贈与税が課せられます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

手続きは全て完了し「やれやれ」という状況です。 ありがとうございます。今後、税務署対応に期待しております。

ホームページを見て、save the childrenを推進しているとのこと、志の良い事務所だなと思いました。費用についても他社のことも知りたいと思いenetに電話をしたら、チェスターさんの倍の金額がほとんどとの答えでした。 そして担当の清水さんには […]

素早い対応、親切で丁寧な対応に感謝致します。 本当にお世話になり、有難うございました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る