相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

用益権の設定とは

用益権の設定とは

用益権とは、一般的に民法によって定められている地上権、永小作権、地役権、入会権、ならびに特別法によって定められている鉱業権、漁業権などのことを言います。

用益権の設定されている土地は、他人の土地を一定の目的のために使用することが定められているのです。これは、制限物権の中の一つです。

相続税納付の際に、現金を用いて一括で税金を納付することが困難な場合には物納と言う手段をもって相続税を納付することが許可されます。物納が可能な財産の中には、国債や地方債、船舶、不動産や有価証券などがあります。

それでは、上記で述べた用益権が設定されている不動産、つまり他人がとある目的のために使用している土地などの不動産は、物納財産として使用することが可能なのでしょうか。

用益権が設定されている不動産については、物納財産として使用することができません。これは、相続税法基本通達の中で記述がありますので、こういった財産を使用しようとする際には一度確認しておいた方が良いでしょう。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

丁寧に対応して頂き、ありがとうございました。

もともと公認会計士をしていた若いお2人が、税理士業を開業されたとのことで依頼した当初は、正直言って、実務経験不足や人生経験不足に一抹の不安がありました。が、それは見事に杞憂に終わりました。 なにしろ税理士報酬額はコスト重視プランを選んだとは言え同業他 […]

税務に知識のない当方に基礎から指導して貰い、又当方顧問に対し、回答頂き不安が解消出来、申告迄完遂した事、大変感謝しています。その結果が上記の通りです。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る